DAMボカロライブ映像一覧【随時更新】

こんにちは、たかのアキです。
カラオケDAMで出るミクのLIVE映像をまとめました。

DAMのデンモク(曲を選ぶ機械、電子目次本らしいです。)なら、ジャンル→ボーカロイド→映像…で、一覧になっており見やすいのですが、お店専用のデンモクがある場合、探しにくく感じ、曲のタイトルから探せるように
一覧にまとめようと思った次第です。

【注意】
本記事はライブ映像が出るものだけ書いてます。ゲーム映像や、PVのみは書いてません。

リクエスト番号は変わる可能性があるので、タイトルのみ表記します。

今後増えた場合、上に追加していきます。

●の色は歌うボカロを現してます。

→初音ミク
→鏡音リン
→鏡音レン
→巡音ルカ

[まま音]ヒビカセ(マジカルミライ2016)(まま音ver)

[まま音]ゴーストルール(マジカルミライ2016)(まま音ver)

[まま音]すろぉもぉしょん(マジカルミライ2016)(まま音ver)

[まま音]リモコン(HATSUNE MIKU EXPO 2016Japan Tour)(まま音Ver)

●[まま音]ワールズエンド・ダンスホール(HATSUNE MIKU EXPO 2016Japan Tour)(まま音Ver)

[まま音]初音ミクの消失(HATSUNE MIKU EXPO 2016Japan Tour)(まま音Ver)
※1コーラス

[まま音]ワールドイズマイン(HATSUNE MIKU EXPO2014 in New York~Live~)(まま音ver)

[まま音]カラフル×メロディ(HATSUNE MIKU EXPO2014 in New York~Live~)(まま音ver)
※1コーラス

[まま音]Sharing The World(HATSUNE MIKU EXPO2014 in New York~Live~)(まま音ver)
※英語歌詞 English only

[まま音]秘密警察(HATSUNE MIKU EXPO2014 in New York~Live~)(まま音ver)

[まま音]千本桜(HATSUNE MIKU EXPO2014 in New York~Live~)(まま音ver)

キャットフード(マジカルミライ2013)

Hello,Woker(マジカルミライ2013)

からくりピエロ(マジカルミライ2013)

東京テディベア(マジカルミライ2013)

深海少女(マジカルミライ2013)

[まま音]ルカルカ★ナイトフィーバー(39`s LIVE IN SAPPORO まま音ver)
※1コーラス

[まま音]メランコリック(39`s LIVE IN SAPPORO まま音ver)

[まま音]メルト(39`s LIVE IN SAPPORO まま音ver)

[まま音]二息歩行(39`s LIVE IN SAPPORO まま音ver)

[まま音]悪ノ召使(39`s LIVE IN SAPPORO まま音ver)
※1コーラス

Tell Your World(最後のミクの日感謝祭)

ワールドイズマイン(最後のミクの日感謝祭)
※1コーラス

Jast Be Friends(最後のミクの日感謝祭)
※1コーラス

magnet(最後のミクの日感謝祭)
※1コーラス

裏表ラバーズ(最後のミクの日感謝祭)

ダブルラリアット(ミクパ♪2012)

初音ミクの激唱(ミクパ♪2012)

結ンデ開イテ羅刹ト骸(ミクパ♪2012)

ローリンガール(ミクパ♪2012)

みくみくにしてあげる【してやんよ】(ミクパ♪2012)

英霊伝承異聞~巌窟王エドモン・ダンテス感想

こんにちは、たかのアキです。
Fate/GrandOrderカルデアエース付属のドラマCD「英霊伝承異聞~巌窟王エドモン・ダンテス」の感想です。
※以前別のブログに書いた感想に、加筆修正したものになります。

ロアかっこいい

ちゃんとボスやってる!!かっこいい!!!!
初めてロアに声がついたメルティブラッド アクトレスアゲイン カレントコード、正当なボスキャラのはずなのに路地裏メンバーよりの扱いだったので、ボス感ある姿をあまり見たことがなかったんです。カーニバルファンタズムEXでもネロカオスと飲んだくれてるだけですしね(笑)
キャストコメントで、よく成田さん忘れずやってくださったなー!と、そこが感動でした。

ロアだと明確に名乗らなくても良かったのではないかと思います。魂の転移等の能力でわかる人にはわかるあの人、といった感じでボカしても面白かったと思いました。

月姫とFate世界が別であると言っている以上、あれこれ言うことではないと思っています。Fate世界ではロアとアルクェイドは出会ってないというのは、今回初めて出た設定というわけではないようですし。コハエース帝都聖杯奇譚に書いてありました。
むしろ、この世界で「エレイシア」は普通の女の子として一生を終えられるのかな・・なんて思えました(シエルルートで泣いた人)

FGO巌窟王の能力について

グランドオーダーで使ってる謎ビームの正体が出てきます。実は魔術回路もちで、聖遺物と反応した結果、能力開花・・・でいいのかな?ガンドの強力版ぐらいに思ってました(笑)

ドラマCDとして違和感

説明が多すぎます。なぜ行動をいちいち説明するのか、気になりました。朗読なのかと思うことがたびたびありました。ドラマCDなら、お互いの息遣いとかで聞き手に想像させるものだと思うのですが、後半の戦闘シーンでは激昂しながら誰がどうなってどうしたまで説明していて、非常に違和感がありました。

近年、ドラマCDが少なくなっている気がします。BLCDは格段と減りましたし、テイルズもドラマCDシリーズを出さなくなり、ネオロマもミニドラマと歌の組み合わせばかりで1枚しっかりストーリーを描くものが、ないようです。ドラマCD文化が廃れてしまうのは仕方ないと思いますが、ドラマCDの台本の書き方や演出までおかしくなったのかと、不安になってしまいました。

ヒロインはコンチェッタ

以上です!

CCCコラボイベント感想[FGO]

こんにちは、たかのアキです。
Fate/Grand Order(以下FGO)のFate/EXTRA_CCCコラボイベントの感想です。
奈須きのこさんの「竹箒日記」に、補足がありますので、そちらもご参考に。


BB達との再会

BB、パッションリップ、メルトリリスとまた会えたこと。とても嬉しかった。

原作であるFate/EXTRA_CCCでは敵として出会っても、救いたかった子たち。
どのルートでも最後はお別れになってしまった子たちでした。
再び、彼女たちと出会うことができ、共に戦うことができました。
原作CCCでの心残りを、果たすことができたのです。
とても楽しかった。素敵な物語をありがとうございました。

まさかまたBBちゃんねるを見ることができるとは(演出まるきり同じでした)

「一足早い水着イベントか!!?」とわくわくするなど、しっかりミスリードから楽しみましたとも、ええ。
(最初の告知では、バカンスイベントとされていた)


メルトリリスのサクラメイキュウ

BBちゃんヒロインかと思いきや、蓋をあけてみたらがっつりメルトリリスがヒロインで、
非常に驚きました。BBちゃんは原作CCCでのヒロインだったので、
焦点を他のキャラに当てるのは、ありうる話でした。

性格がだいぶ変わっていたので
「どこか頭でも打ったのだろか・・」と思ったぐらいです。(わりと当たってた)

原作CCCの主題歌「サクラメイキュウ」は、BBの歌でした。

クリアしてから歌を聴くと、隅から隅までBBのことを歌っていることがわかります。
「空の境界-矛盾螺旋-」の「sprinter」、「テイルズオブジアビス」の「カルマ」のように。

CCCコラボイベントを終えた今、「サクラメイキュウ」はメルトリリスの歌にも聞こえました。
特に2番が、そう聞こえてきて、感激です。

間違いなく、Fate/EXTRACCCの世界でした。

SG突破の演出

SG=シークレット・ガーデン、他人には知られたくない「秘密の花園」

原作CCCでは「女性の心で作られた迷宮を突破するため、秘密を暴いて突破する」というお話でした。
迷宮の主が「衛士(センチネル)」と呼ばれ、踏破する側は衛士の秘密を暴露させていくということです。

絶対に衛士にはなりたくありませんし、なったら何が何でも死守していくことでしょう…。

原作CCCには「初めて自分の趣向に気が付いた」という子もいましたが、
踏み込みすぎた自己分析を他人にやられるのはかなり痛い。

ただしSGは3つまで(1人で迷宮を作る容量の限度のため)

今回はパッションリップ、メルトリリス、鈴鹿御前が衛士として立ちふさがったため、
彼女たちのSGを暴いていったのです。

全員体力が3ゲージでした。
1ゲージごとにSGをひとつ暴露しているという演出だったのですね。

FGOでは、敵の宝具ゲージあたりを長押しすると、能力の詳細が読めるのはご存知でしょうか?
1ゲージずつ詳細を確認すると、SGの項目が変わっていました。
パッションリップでは確認しそびれてしまいましたが、鈴鹿とメルトでは確認できました。

メルトリリスは「加虐体質」「ドールマニア」「共依存」

鈴鹿御前は「独占願望」「料理下手」「奉仕体質」

ちなみに原作CCCでSGが分かるのは
ネロ、玉藻の前、エリザベート、BB、メルトリリス、パッションリップ、
EXTRA遠坂凛、ラニ、ジナコ、無銘(エミヤ)、ギルガメッシュ、です。

キアラとアンデルセン

Fate/EXTRA_CCCなら、キアラさんが出てくることを期待していたので、出てきた時は「待ってました!」という感じでした。
キャスト一覧に田中理恵さんの名前が増えたことで確信になりました。
同時に「出てきたらどうなるんだろう」と恐怖でもありましたが(笑)

キアラさんが原作CCCでああいった姿を出すのは、2週目以降特定の条件を満たしサクラルートに入る必要があります。
サクラルートを見てない方は、相当驚いたかな~と思いました。
原作だともっとすごいです。

キアラさんが出てくるなら、彼女のサーヴァントであったアンデルセンも出てくると思っていたので、
まったく出番がなかったのは意外でした。

アンデルセンとキアラさんの繋ぎは、最後のKP(キアラパニッシャー)が
彼女が大好きだと言った「人魚姫の原文」であるだけで、十分ということなのでしょうね。

最後のMONSTER

イベント序盤の頃、友人たちとミッションコンプリート後の最後のボスは、彼女だろうと話していました。
そして、本当に出てきてくれました。

両儀式

彼女はCCCの前作にあたる、Fate/EXTRAの隠しボスでした。
その時も表記は「MONSTER」だったんです。
あの時も即死技に苦労させられましたとも・・・そういう意味でも完全再現ですね(笑)
EXTRAでは、玉藻と会話する時だけ「」として発言するので、一応出番はあったんですよね。
式もSGも暴きたいですねー。刃物マニアとか出てくるんでしょうか。


ガウェイン・タマモキャット・トリスタン

どのサーヴァントも私のカルデアにいないので、彼らとの物語は楽しかったです。
ガウェインはEXTRAシリーズにずっといるキャラなので、一緒に行動できたのは特に嬉しく思いました。
アーノルドと初対面の時にかばってくれたところが特にお気に入りです。
・・・一生懸命やったのに叱られたのをかばってくれるって、救われますよね、ほんとに。

タマモキャット、正直なぜ彼女がサーヴァントとしているのか、ずっと不思議でした。
ストーリーでもいらぬ賑やかし要員に思えるほどに。
今回のイベントのためと思えるほど大活躍でしたね。

トリスタン、「敵だった人が味方になる」というFateでたまにある風潮(SNランサーなど)が見えて良かったです。
彼もしっかり描かれたイベントは初めてですね。
魔界村の「I can fly」ぐらいでしたから(笑)


エミヤオルタ

「間違った旅路の果てに 正しさを祈りながら」

BUMP OF CHICENの「ロストマン」より

声優道・声優に死す【書籍感想】

2月に発売した、岩田光央さんの著書「声優道‐死ぬまで声で食う極意‐」
3月に発売した、関智一さんの著書「声優に死す‐後悔しない声優の目指し方‐」

こんにちは、たかのアキです。今回の記事では、ふたつの著書の感想です。

「声優」を知る

アニメのキャラクターになれる、大勢の人の前で歌を歌う、ライブツアーなどもやる・・・そんな華やかな印象が強くなってきた「声優」という職業。今までの職業本であれば「専門学校に入って~事務所に所属して~」といった流れのみの説明でしたが、声優業界の中核にいる方々から、もっと踏み込んだ内容がお話しされています。

声優という職業はアニメだけではなく、洋画の吹き替え(外国語の映画やドラマの日本語版の声など)、TV番組やCMのナレーション、博物館のガイド音声、ロープーウェイの声、店内ナレーション、企業内で使用される研修用ビデオ・・など、華やかなものばかりではありません。しかし、華やかな面ばかり見て「高校を卒業した後から始めても、アイドルみたいになれるんだ!」と、芸能人より簡単に目指せると思われ、軽い気持ちで習い事のように始めて、貴重な時間を無駄にしてしまう人や、理想と現実の違いに打ちのめされる人が増えているのだと思います。そうなる前に、これらの本を読めば予習になります。

小学校、中学校、高校の図書室に絶対に入れた方が良い本です。

この本を読んで、同じかそれ以上に辛いことが自身の身に起きるとわかっていても、目指したい世界なのか、と。

声優の浅野真澄さんも「岩田さんの本を読んで、先輩がこの業界をどんな風に思っているのか、とても勉強になりました」(文化放送ラジオ・週刊マネーランドより)と、お話されていたので、声優業をやっている方こそ、読むべき本なのでしょう。

諦めさせるための本

岩田さんは「諦めさせるためにこの本を書いた」とお話していました(TBSラジオ・林原めぐみのTokyoBoogieNight2017年3月4週目放送分)
そのお話通り、「声優道」にはかなり厳しい内容が書かれています。滑舌の練習法など、実践的な内容も、もちろん書かれています。が、若い役者がどんどん使い捨てにされている、ひとつ主役をやったから生き残れるわけではない。どんなに売れていても、常にふるいにかけられる厳しい世界であることを事細かに書いてあります。

では関智一さんの「声優に死す」は優しい内容かというとそうではなく、「養成所は人材発掘の面はありますが、事務所の経営を安定させるためのビジネスでもあるということです。(本書P56より)」など、厳しい側面についてもお話されています。ご自身と演技の向き合い方についてのお話が多かったように思います。

岩田さんの方は声優業界の厳しさを、関智一さんは「演じる仕事」について詳しく書いてある印象がありました。

異なる声優人生

岩田光央さんの「声優道」、関智一さんの「声優に死す」、どちらを読んだ方が良いかと悩む方もいると思いますが、両方おすすめです。同じ声優という職業であれど、当然のことながらお二人はまったく違う人生を歩んでいます。岩田さんは子役時代にドラマ出演を経験し、関智一さんは大学を辞めて演技の勉強をしていた、など。経験してきた仕事、見てきたもの、共通することはあれど、思うところは別です。

著者であるお二人は、発売時期がかぶったことを苦笑いされていますが、むしろ現在の声優業界について様々な角度から知るという意味でも、両方読むことを強くオススメします。情報は多いにこしたことはありません。ましてきちんと出版社を通して内容を吟味した上で発行されたものですから、有益となることでしょう。


声優を知らない人にもオススメできる理由

声優を目指す人向けに書かれているので、アニメやほかの声優さんのお名前もたくさん出てきます。その方々を知っている人には面白い反面、興味がない方には意味がわからなくなってしまう欠点もあります。が、そこは参考程度に適当に読んでも大丈夫です。「へ~そんな人がいるのか~」ぐらいに流してよいと思います。

オススメしたい理由は、このお二人が厳しい世界をどう生き抜いてきたかが読めるからです。

日本で初めてプロ格闘ゲーマーになったウメハラこと梅原大吾さんの著書「勝ち続けるための意志力」「勝負論-ウメハラの流儀-」など、ビジネス書として売り上げを伸ばしています。格闘ゲームを仕事にするという、誰も知らない道を歩んでる方のお話です。

辛いとき、行き詰ったとき、迷ったとき、他の人はどんな風に乗り越えるのだろう、どんな風に選択をしていってるのだろう。成功するためのノウハウ本ではなく、お二人が自分の思いをありったけ書いてくれたこの本は、どんな方にも生きるヒントになるのだと思います。

ボーカルチェンジ曲【初音ミクProjectDIVAFuturetone】

歌声が変わる曲一覧
アーケード、PS4、共にボーカルチェンジする曲の一覧です。(50音順)
曲のすぐ後ろに名前があるキャラが、原曲の声です。

・1925(初音ミク・鏡音リン・鏡音レン・巡音ルカ・KAITO・MEIKO)※PS4は2017年3月配信

・いのちの歌(初音ミク・鏡音リン・鏡音レン)

・荒野と森と魔法の歌(初音ミク・鏡音リン・鏡音レン)

・インタビュア(巡音ルカ・初音ミク)

・SING & SMILE(初音ミク・鏡音リン・鏡音レン・巡音ルカ・KAITO・MEIKO)

・スノーマン(KAITO・鏡音レン)

・テレカクシ思春期(鏡音レン・KAITO)

・トリコロール・エアライン(初音ミク・鏡音リン・巡音ルカ・MEIKO)

・ピアノ×フォルテ×スキャンダル(MEIKO・初音ミク・鏡音リン・KAITO)※PS4は2017年3月配信
男性と女性で、ダンスも変わります。

・千本桜-F edition-(初音ミク・6人合唱)
※千本桜のみ、曲タイトルをタッチすると、切り替えができます。

変える方法

●モジュールを変える。
例:スノーマンであれば、レンのモジュールにすれば、レンの声になります。その他のモジュール(初音ミクなど)なら、原曲どおりKAITOの声になります。

●スライダーをタッチする(アーケード)
楽曲選択後、スライダーの色が変化するので、歌って欲しいキャラの色をタッチし続ける。
リン→黄色 レン→オレンジ

●ボーカルの項目で選ぶ(PS4)

この3つのうち、どれかを行えば歌声が変わります。お試しあれ!

2017年2月16日現在

ぷよぷよクロニクル【感想】

ぷよぷよクロニクルシール

こんにちは、たかのアキです。
12月8日に発売されたニンテンドー3DS用ゲームソフト「ぷよぷよクロニクル」を簡単にレビューします。画像はセガフェスで大会参加賞としてもらったシールです。ソフト自体はダウンロード購入しました。

対戦環境は良好

インターネット対戦に対応しておいり、ぷよぷよ通、ぷよぷよフィーバー、スキルバトル(今回初のモード)がネット対戦できます。フィーバーモードに入ってもおじゃまぷよで妨害できる、いわゆる「フィバ潰し」が復活したことで、対戦として楽しいぷよぷよフィーバー。かつてWindows版ぷよぷよフィーバーをよく遊んでいた友人は、申し分ないと嬉しそうに話してくれました。

2017年2月16日追記
最大100本先取のクラブ(対戦ルーム)が作成でき、一人の相手と長く遊ぶには、うってつけです。対戦相手とのフレンド登録不要。気軽に連戦ができますね。

スキルバトル

スキルバトルはRPGで育てたキャラクターで対戦するモードです。キャラクターのレベルと、スキルレベルが大きく左右するので、実力差があってもキャラのレベルが高ければある程度粘れます。しかし、最後にはぷよぷよの腕とスキルの使い方が左右するので、両方もっている方には敵いませんが。ネット対戦で上位にいる方々は全員レベル100にしているのでしょう。スキルバトルはおじゃまぷよを受けるとHPが減り、先に0になったほうが負けです。スキルはキャラごとにことなりますが、対戦するなら必須なキャラもいるようです。例えば、サタンのスキルは「降ってくるおじゃまぷよを消す」なので、全て消せればダメージを無効にすることができ、対戦でかなり大きな役割があるようです。キャラクターのレベルもスキルレベルもRPGモードで育てる必要があります。

ちょっと残念なRPG

ぷよぷよで戦闘はとても面白い。戦闘は申し分ありませんでした。ぷよぷよで新しい遊びとして、とても楽しく遊びました。キャラクターが全て3Dで動くので可愛らしくキャラクターが好きな方には良いと思います。今まで絵柄だった動きがお人形のようにくるくる動く姿は新鮮で、改めて好きになりました。スキルバトルのみですがセリリ、ハーピー、ラグナスの復活はぷよ通、ぷよSUN好きには本当に嬉しかったです。ですが、ダンジョンの仕掛けが最初から最後まで同じだったり、仲間モンスターの使い道がイマイチだったり、街の家は全て飾りだったり、マップに表示するキャラがアルル固定だったり、せっかく見た目が良いのにRPGとしてもうちょっとがんばれなかったのだろうか?と思いました…残念です。いままでの漫才デモをRPGに詰め込んだ感じです。

意外と楽しい、みんなでボスバトル

オフライン限定ですが、「みんなでボスバトル」が楽しいです。激辛で挑戦するとレア装備(ぷよカ)をドロップするらしいとのことで、ぷよ仲間と4人でアミティを叩きまくってました(笑)HP、MPが4人共有になるので、スキルを使うタイミングを言い合ったり、「こっち6連鎖できたからいくよー」「攻撃くるぞー!防げー!」など大騒ぎしながら協力プレイは楽しいです。アーケードのぷよぷよクエストを、ぷよぷよ通で遊んでる感じがしました。

「ぷよぷよ」の新しい遊び方

ぷよぷよって、1つあれば充分なゲームなので過去作を持っているなら新しいのは不要と思われがちなんですよね。「ぷよぷよ」の新しい遊び方として、すごく良いと思いました。倒しあうだけではない、協力ができる。この新しい遊び方が、もっと広がると良いなと思いました。

 

なにはともあれ、レッツ2連鎖【ぷよぷよ】

こんにちは、たかのアキです。以前、別のブログやpixivに掲載したものですが、改めてご紹介。

ぷよぷよの連鎖

%e3%81%b7%e3%82%88%e3%81%b7%e3%82%88%e8%ac%9b%e5%ba%a7

%e3%81%b7%e3%82%88%e3%81%b7%e3%82%88%e8%ac%9b%e5%ba%a72

 

2連鎖ができたら3連鎖も同じです。

%e3%81%b7%e3%82%88%e3%81%b7%e3%82%88%e8%ac%9b%e5%ba%a73

%e3%81%b7%e3%82%88%e3%81%b7%e3%82%88%e8%ac%9b%e5%ba%a74

%e3%81%b7%e3%82%88%e3%81%b7%e3%82%88%e8%ac%9b%e5%ba%a75

3連鎖以上組めるようになったなら、ぷよの操作が上達しているはずです。そうしたら次の段階へ。ぷよぷよで連鎖をする時、考えながら連鎖を作るのは、とても難しいのです。そんなときは、設計図があると便利です。はじめから「この形を組む!」と決めてから連鎖を作ると、考える時間も短くなり、大きな連鎖もできるようになります。ぷよぷよの設計図・・・自分で考えてみるのもよいですが、「定型」と呼ばれる設計図があります。定形、それこそが階段積み、鍵積み、だぁ積み、GTR、弥生時代などなど、いっぱりあります。ぷよぷよはとーーっても長くたくさんの人に愛されてきました。よりよい形で、大きな連鎖を作る方法を、たくさん考えてきて、どんどん進化しています。先人の知恵をありがたく真似してみましょう!!真似する方がうまくいく人、真似しないでなんとなーくで組む方が得意な人、人それぞれです。楽しいと思う方法でやってみてください。

階段積みは本当に基本?

「ぷよぷよを強くなりたいけどどうすればいいの?」
「まずは階段積みを覚えようか」

よく聞くようなこの会話、私は違和感を感じていました。ゲーム好きな知り合いが「階段積みができないからぷよぷよは苦手なの」という言葉を聞いてなんてもったいない!!と思いました。階段積みしなくても連鎖はできる。なのに階段積みを強制するのはおかしい。いろんな人とぷよをやっていて、強く思うようになりました。連鎖の見本として、ゲームのデモ映像でよく流れるので、階段積み=連鎖というイメージが強くあるのだと思います。「今更そんな話?」と思われるかもしれません。でもこの考え、結構根強く広まってます。

 

どうして先人たちは、それをセオリーとしたのか。その答えを体感するには、自分でセオリーと向き合うことだ。(中略)これはムダなようでいて、とても大事なことだ。

『勝負論-ウメハラの流儀』より引用(著作者・梅原大吾さん)

当時この本を読んで、「階段積みがセオリーというのは、わかりにくいのでは?」と自分なりに疑ってみて考えました。ウメハラさんは、日本初のプロゲーマーとしてTV等にもご出演されたり、本を執筆されたりしています。本はゲーム攻略ではなく、自分との向き合い方についてのお話が多く、ビジネス書として注目を集めています。

2017年までに【Fate/GrandOrder】

やりこみプレイヤーを優先させた強気の姿勢

2016年12月6日、ニコニコ生放送にてFate/GrandOrderの最新情報番組がありました。


累計来場者数1,140,975人/コメント数404,783

Fate/GrandOrder(以下FGO)は、2015年に配信開始し、全7章のストーリーを順次配信していく形式でした。そして本日12月7日に第7章を配信すると発表し、さらに第7章をクリアしていないと「終章」の参加ができない・・というお話がでました。「終章」は今年中に公開予定、7章までをクリアした全てのプレイヤーでラスボスを倒すのかなーと予想しております。まさかこんな強気な期間限定イベントを行うとは思いませんでした。以前Fateについてお話した通り、ストーリーの良さに定評があり、このFGOもスマートフォンゲームではありながら、ノベルゲームのようなボリュームがあります。しかも章を追うごとに長さが増えており、7章も6章より多くなるというお話がありました。当然間に戦闘もあります。ストーリーを進めるためのポイントを減らすとはいえ、もし今から何も知らずに始めても追いつくのは厳しいです。4章でも厳しいかもしれません。「期間限定イベント中心に遊んでいてメインストーリーはやってない」というプレイヤーさんもいます。私が他のゲームでそれです(笑)かなりのプレイヤーさんに発破をかける…そんなイベントを、まさか仕込んでくるとは思いませんでした…。2017年より未来が消えてしまったため、2016年が終わるまでに黒幕を倒すというストーリーなので、それを体感して欲しいというのもわかりますが、なんという強攻策。

しかし、それをよしとしてしまう運営の強気の姿勢。それだけユーザー数が多いということ、お金が回っているということ…すごいことです。これから年末に向けて新しいゲーム等も出るというのに、大変な騒ぎがはじまりました。ちなみに冬コミの入稿期限も間近なので、一部では「原稿か、世界か」といった騒ぎになっているとかいないとか(笑)

・・・エルキドゥ欲しいなぁ

VR体験感想【初音ミク】

感覚を支配される恐怖感から

バーチャルリアリティ、略してVRプレイステーションVRの再販があるらしいと話を聞き、なんとか買えないものかとわくわくしています。私が始めてVRを体験したのは、2015年12月に上野の森美術館(東京)で開催された「進撃の巨人展」でした。漫画原稿や資料などの展示とは別に、VR体験がありました。3時間近く並びましたが、並んでよかったと友人と大興奮。「進撃の巨人」という漫画、10m以上ある巨人達を相手に戦う戦士達のお話で、VRでは原作漫画にあるシーンの中に自分も飛び込むといったものでした。VR映像は建物の上を自分が飛んでるシーンから始まったため、ジェットコースターに乗ったまま空中に投げ出されたかのような感じがして、思わず「嘘でしょ!!!??」と声に出してしまいました。すぐに慣れてくるので、そうなればとても楽しい体験でしたが視覚と聴覚が操作されるだけで、人間はこんな簡単に狂ってしまうのかと怖くもなりました。適度な付き合い方が必要ですね。大興奮でした!誘ってくれた友人には今でも感謝しています。

ミクは何度も見たくなるライブ

そんな体験もあって、家庭でVRができるならぜひとも欲しいと思っています。PSVRが10月13日に発売されてますが、残念ながらまだ入手できていません。11月20日、秋葉原で開催された「セガフェス」というイベントで、無料で初音ミクのライブVR体験会をやっていました。40分待ちでできるというので、やってきました。

img_20161120_144712

メガネしたままでもできるのは、とても大きいです。普段からメガネをしているので、VR見るたびにコンタクトレンズ入れるのは嫌だなーと思っていたので(笑)固定できるまでに調整が必要ですが、ハマってしまえばメガネをしてることを忘れるほどのフィット感!いざ「初音ミク VR フューチャーライブ」の世界へ!体験会では「shake it!」を見ました。巨大なライブ会場にワープしたかのだとわかってくると、じわじわと実感が沸きます。これすごい。進撃の巨人よりは穏やかに楽しめました、が、高所恐怖症の方は2階席が少し怖いかもしれません。そのぐらい不思議な感覚でした。

頭にはめるヘッドセットも軽く、首を振って周りをぐるぐる見ていましたが、まったく疲れませんでした。体験は5・6分でしたが、ミクのライブは一度では把握できないほど様々な演出が盛りだくさんでした。早く家で何度も見たいです!次の販売で買えるといいなあ。