月別アーカイブ: 2018年3月

映画ドラえもん・のび太の宝島とFGO【感想】

こんにちは、たかのアキです。2018年3月3日より劇場公開されている、「ドラえもん のび太の宝島」の感想です。

ツイッターで、「ドラえもん/GrandOrderだった、封鎖終局四海キャメロットだった」という感想を見て、とても気になったので見て来ました。本当にそうでした、同じような動機で見に行ったFate/GrandOreder(以下FGO)ユーザーがいたのではないでしょうか。大変面白かったですし、終盤も泣きました。
脚本が川村元気さん(『君の名は。』『おおかみこどもの雨と雪』『血界戦線』などのプロデューサー)であったこともあり、そういった面での注目もあったようですね。

ここからは、映画本編および、FGO第3章、第6章のネタバレ(あらすじバラし)を含みます。

まず、FGO第3章「封鎖終局四海オケアノス」は、海賊の「フランシス・ドレイク」と共に海を冒険する物語でした。宝を求めて海洋冒険だとうたっていたので、オケアノス要素はこのあたりだったかと。ドラえもんの方は、話が進んでいくにつれ、宝島だと思って目指していた島は、時空を旅する巨大な船であり、船長の目的は「人類の保護」であることが判明します。この「人類の保護」および、なぜその考えに至ってしまったのかが、FGOの「第6章・神聖円卓領域キャメロット」に登場する「獅子王」と呼ばれる人物を思い起こさせるものだと感じました。映画館で見ながら「あーーこれはーー!」と心の中で叫びました。獅子王と違って、この宝島の船長は一人で孤独に計画を進めていたなど、だいぶ立場は違うので、もちろんまるっきり一緒ではありません。

FGOの世界での獅子王の計画を見て阻止している身としては、FGOでキャメロットを旅したことを思い出し、ドラえもん達を心の中で応援していました。

FGOの話題はここまで。以下は普通に感想です。

中盤に差し掛かり物語が難解になってくるのと、常時なぞなぞを出題されるので、どうしても話を聴いてる時間が長めになっちゃうのかなーと思いました。劇中内なぞなぞにしては、考える時間をくれるので、見てる側も考えるのは面白かったです。謎解きコラボやってるみたいですしね。あと、なぞなぞを出題してくる鳥型のロボット、声が悠木碧さんで、本当にすごいなーとポカンとしてました。

全体的に、いわゆる「物語をひっかきまわすためのバカなキャラクター」が一人もいなかったのが、私は大変見やすかったです。

途中から現れるフロック(cv山下大輝さん)とセーラ(cv折笠富美子さん)と船長(cv大泉洋さん)との関係性は途中でわかりますし、劇場内でお子さんがつぶやいてるのも聞こえてきました。見てる側に気づかせることができる演出が素晴らしいなと思いました。
あと、船長の声が大泉洋さんだと知らずに見ていたので、エンドロールでお名前を見たときはびっくりしました!優しかった時と闇落ち(?)したときの雰囲気の違いが大変素敵でした。
「最愛の奥さんを亡くして闇落ちした博士と、正気に戻そうとがんばる姿」・・・いやもう、これだけでヤバいですよ。まさかこっちの要素もあると思わなかったので、このあたりが白熱してきたらもう涙腺緩みましたわ。

序盤から登場するビビ(cv早見沙織さん)とガガ(cv大友龍三郎さん)のコンビがたまらんでした。「ザ・海賊のアネゴ」なビビはもちろん「ボケ担当に見せかけて有能」とか愛着わきますわそりゃ。食堂のマリア(cv亀井芳子さん)もカッコいいし。

ミニドラちゃん達(cv金元寿子さん)が可愛くて有能で可愛かったです。ドラをたたきながら船底でオールで漕いでる姿にものすごいエールを送った。

中盤でしずかちゃんがさらわれるとき真っ先にのび太の名前を呼ぶの、すごくいいな~と思いました。他のメンバーもいるのに、のび太を選ぶんですよ。呼ばれたのび太も果敢に追いかけて、海の中でしずかちゃんが窓を泣きながらたたくところで最初の泣き入りました。ここは声がほとんどないので、動きの演技で見せて、最後に遠ざかっていくカメラワークが最高でした。

海賊の帽子も、よく見るとちゃんとあの船に落ちてるんですよね。どっかで使うのかなーと思っていたので、ちゃんと演出の回収していて素晴らしい。

とびうお型のマシーンが「天空の城ラピュタ」に出てくるドーラ達のマシーンっぽいなーと思ったら、本当にそんな感じのバトルシーンが始まってびっくりしました。いいぞいいぞ!派手な空中バトルは大好きだ!

のび太の「大人は絶対に・・・・!?!」のセリフは、ドキっとした親御さんいたのではないでしょうか。子どもが言えないことを、親に向けて発信する存在でしたね。

細かく考えていると「あれはどうなったんだよ!?」てのはありますけどね~~そこはもう気にしちゃいけないと思っています。カルデアがなんとかするよきっと(笑)

109分でこれだけ晴れ晴れしたお話が楽しめて、私は大満足でした!

ここまでお読みくださり、ありがとうございました!!!

Fate/EXTRA LastEncore第8話感想

こんにちは、たかのアキです。TVアニメFate/EXTRA Last Encoreの感想です。
※Fate/EXTRA、Fate/EXTRA CCCプレイ済みです。


第8話「无二打‐デッド・エンド-」

・ユリウス…ユリウスだ!!

・「四層の相手はとるに足りぬ相手だった」
えええー!四層やらないの!?これきっとブルーレイボックスに入るマテリアルとかに載るんだろうなあぁ

・謎の柔軟運動、気持ちいいですよねあれ。

・おお、ステイナイトのセイバー、劇場アニメ「空の境界」の両儀さんに続いて、赤セイバーも黄色い雨合羽デビュー!

・前のマスターについて言及。
「少女であった」、女性マスターであったことが明確に。
「生まれ変わりかと思った」、1話目で「そうか、そなたが」と言っていたのは、やはり前のマスターの後継者だと思ったからなんですね。勘違いと本人は言っていますが、ミスリードかな?

・才能があるだけでは、ただの才人。天才は、自分と他人の違いを明確にできる者。
いいですね、赤セイバーの講釈。ここだけ音声ファイルにして聴いていたいです。

・凛の目がスカウターのように!?ホントどうしたのこのアナタ!!

・ユリウスと李書文!原作の5回戦と同じ相手ですが、様子が違いますね。たしか7回戦でゴーストになって出てくるのですが、その時の様子に近いですね。もっとヤバげですが。

・凛は完全に戦力に数えられていますね。公式サイトの用語解説に「デミサーヴァント」という項目が増えたので、そうなんでしょう。Fateが長く続くと、凛がゲイボルクを扱うようになるんですねえ(しみじみ)

・トワイスさんくると解説タイムが確定ですね。ここでデッドフェイスの解説。文章におこしてくれ~~と思っていたら、公式サイトの用語解説に追加されましたね。デッドフェイスができたの、トワイスさんのせいじゃないですかーちょっとー。
「成長する必要はない私たちは-人間は-ここまでだ」あと、トワイスさん案外背が低いんですね。

・3人でも太刀打ちできないかーーとなった時に、まさかの拳がおちる。そ、その腕と触覚はーーーー!!?

・エンディングの後の徘徊がEXTRACCCの犬空間(BBに落とされる場所)に見える。

・視聴覚室…ああ、ここは、この場所は……そして、ついに女主人公が喋りました!!!!
Vita版ホロウアタラクシアのミニゲーム「かぷせるサーヴァント」に出ているのですが、終始無言なんですよね。
彼女が来週、何を語るのか楽しみです!!

ここまでお読みくださり、ありがとうございました!

Fate/EXTRA Last Encore感想目次

Fate/EXTRA LastEncore第7話感想

こんにちは、たかのアキです。TVアニメFate/EXTRA Last Encoreの感想です。
※Fate/EXTRA、Fate/EXTRA CCCプレイ済みです。


第7話「誰かの為の物語‐ナーサリー・ライム‐」

白いドレスの少女「ありす」はハクノと似たような誰かと、マスターとして対峙したことがあった。

ありす自身は自分はもう死んでいる体だとわかっていたから、彼に勝ちを譲った。

「戻ってくる」という言葉を信じて、ずっと待ち続けた。

消えてしまう自分の体を維持するために、色々なものを取り込んだ結果、あの姿になってしまった

・・・・という感じでしょうか。自分がどんな姿になっているのか見えないまま、さまよい続けてたんですね。ハクノ君とそっくりな彼とお話ししているシーンは全て、ありすの回想シーンと考えてよさそうです。

黒いドレスの彼女がキャスターのサーヴァント「ナーサリーライム」。白いドレスの少女がまだ生きていたいと願い、ナーサリーライムがそっくりな姿を取り「アリス」となり、「ありす」に夢を見せている・・と。
原作ゲームですと、二人はまるで双子のように楽しそうに過ごしており、「ありす(白)」は最後も「お友達になってくれてありがとう」と自分のサーヴァントにお礼を言って消えていきました。アニメでは二人が同時に出てくるところが一度もなかったので、「ありす(白)」は自分のサーヴァントを認識していなかったのでしょうか。
どんな世界になっても、二人が笑いあっていてくれたら良かったと思っていたので、この話はだいぶキツかったですね…。槍で貫かれたシーンでも、影の形は「ありす」だったこと、エンディングクレジットで「怪物」と表記されており、かなりしんどいお話でした。

公式サイトの用語解説にて『ありすが変質した後、その姿も失われた。テーブルに希望を残すのみ』とあるので、「アリス(黒)」としてマスターの最期を見届けられなかったけど、本の姿で寄り添えた…ということでしょうか。

エンディングの後の「いってらっしゃい」については、原作者である奈須きのこさんがご自身の日記でお話されてます。
2018年3月11日竹箒日記参照
http://www.remus.dti.ne.jp/~takeucto/

赤セイバーのお話。
「人生は演劇のようなもの。普段の努力は稽古だ」っていいですね。いつどんな役に抜擢されてもいいように日々鍛錬していけと。肝に銘じます。

「7階層まで行き、トワイスと対峙した」と話してましたね。

トワイス・ピースマン(Twice pieceman)
第1話で焼却炉の前で話しかけてきた人です。原作ゲームではラスボスであり月の電脳世界での聖杯戦争を組み立てた人。最後まで勝ち残ったマスターと対峙し、本当に聖杯を使わせるに相応しいか試してくる人・・といった感じでした。
名前が「ピースマン」なので初期は「平和男」とファンの間であだ名されていたのですが、「違うんだ!カケラの方のピースなんだ!」と公式が言ったため「欠片男」と呼ばれるように。
※ブロッサム先生シリーズ参照のこと。
FGOの礼装も「2030年の『欠片』」ですしね。

前回のマスターは「おぬしではない」とハッキリ言ったので、ハクノ君が何度も体験している説は消えるかな?前回のマスターは「死にたくないという思いだけで勝ち上がった」と言っていました。原作ゲームの主人公のことのようですね。原作ゲーム、特にEXTRA_CCCでは「死にたくない」という思いが特に強調されていました。

ハクノ君も「憎しみ以外の気持ちで勝ち上がりたい」と話すようになり、前向きになってくれたようでホッとしてます。

負の感情って、たしかに強いです。よく、復讐劇などで描かれもしますが、私たちだって負の感情で爆発的な力を
発揮することはあります。「負けるもんか」「絶対に一泡ふかせてやる」「見返してやる」「絶対に許さない」などなど。

たしかに、こういう感情は強いです。まさにアニメに出てくる「デッドフェイス」ですよね。対戦ゲームで「ぜったいにてめーだけはゆるさんぶっころす!!!」みたいになる時ありますもん。でも、この気持ちだけじゃあ、長続きしません。何かを成す前に、自分が蝕まれていきます。負の感情を爆発させるのは、対戦ゲームの世界だけにしたいものです。

さて、次は第4階層です。原作ゲームですと、次の相手は選択肢によって分岐しました。
マスター「ランルーくん(cv小林ゆうさん)」とランサー(cv江川央生さん)
マスター「臥藤門司(ガトーモンジcv伊藤健太郎さん)とバーサーカー(cv柚木涼香さん)のどちらかと戦います。
その前に、ユリウスの妨害があるのってここの間でしたっけ?

ランルーくんはCCCで描かれなかった人物なので、ここでしっかり見たいなーと思っています。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました!!!

Fate/EXTRA Last Encore感想目次

Fate/EXTRA LastEncore第6話感想

こんにちは、たかのアキです。TVアニメFate/EXTRA Last Encoreの感想です。
※Fate/EXTRA、Fate/EXTRA CCCプレイ済みです。


第6話「永久機関・少女帝国 ―クイーンズ・グラスゲーム―」

このアニメは、魔法少女まどか☆マギカではありません


このアニメは、魔法少女まどか☆マギカではありません

と、言いたくなるほどに、まどマギの魔女空間すぎてびっくりしてました。アニメ制作会社もまどマギと同じくシャフトですし、ありすの声もまどマギで杏子をやっていた野中藍さんですしね。実際まどマギの中に紛れ込ませても違和感がないぐらいでしたいやほんとに。

・冒頭からいきなりお別れの挨拶。ん?いきなり第3階層終わりか?

・全力魔女空間

・白い女の子「ありす」とご対面。1対1でしっかり対話してくれるのいいですね。「ありす」の事情も色々話してくれましたし。
※EXTRAマテリアル(設定資料集)によると、戦争孤児だったが魔術回路持ちであったため、人体実験のためずっと病院におり、肉体の死後に魂だけが電脳世界SERAFH(セラフ)に来たという設定。

・ありすがマスターであるものの、サーヴァントの姿はない。この第3階層全体を作り上げてるために、表に出てこないのかな。

・後半は、リンと尼里の回想シーン。この思い出を「見たくない過去」と言ってしまうということは、
ずっとセラフに留まってるリンのようですね。玉藻あたりが化けてる説を推していたのですが、その線は消えたかな?「負けてあげてもいい」ときましたか。負けたら死んでしまうルールなのに、構わないと言えるのはなぜなんでしょうね。この世界「サーヴァントと契約を切れば、マスターは生き延びられる」というルールに変わってるようですから、
リンだけがそのことを知っていたのか、周知の事実なんでしょうかね。

・ここで尼里ミサオの独白、彼女はアニメで初登場のマスターです。第1階層でシンジと過ごしてるのかと思いきや、わりと上まであがった様子。これは回想シーンなので、今現在の彼女がどうなってるかはわかりませんね。ハクノとのやりとりで、お酒をあおっていたので、実年齢は結構大人なのでしょうか。

※電脳世界に入ると自分の体(アバター)は自由に設定できるので、地上での見た目と同じとは限らない。

・「どうしても倒せない敵がいて、みんな下の階層に逃げてきた」ツイッターの実況では、原作ゲームプレイヤーのみなさんが「ジャバウォックか!」と騒ぐ中、私一人で「MOTHER3の『きゅうきょくキマイラ』だ!」と騒いでました、そっちかよ。

※ジャバウォックとは、原作ゲームでありす達がプレイヤーに向かって差し向けてきたモンスターです。

・赤セイバーの「あれ?」がとても可愛かった

黒い少女はどんな形でこれから出てくるのか楽しみですね。
また、尼里も原作ゲームでは見られなかった、マスターの一人として

あと「フランシスコ・ザビ!!!」はやらないでしょうねこの感じですとさすがに。

※原作ゲームでは、ありす達が「自分のことを忘れる」固有結界をしかけてきます。電脳世界で「自分の認識ができない」は致命的なダメージとなり、打破するには「固有結界の中で自分の名前を一度でも言うこと」でした。

自分の名前を書いたメモを見る時にに「フランシスコ・ザビエル!」というおもしろ選択肢があったため、EXTRA主人公達の相性が「ザビ」になったのでした。初期は「岸波白野」という名前もありませんでしたから。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました!!

Fate/EXTRA Last Encore感想目次

Fate/EXTRA LastEncore第5話感想

こんにちは、たかのアキです。TVアニメFate/EXTRA Last Encoreの感想です。
※Fate/EXTRA、Fate?EXTRA CCCプレイ済みです。


第5話「祈りの弓―イー・バウ―」

・校舎の外に出た瞬間狙撃されて、「サーヴァントが勝手にとった行動を許してほしい」と保健室で令呪を使う…おお、これは原作ゲームのシーンだ!アニメはまったく違う話で展開すると思ってたから、原作ゲームの様子をまんまアニメで見られるとは思わなかった、これは嬉しい。

・ダン卿の相手にしたマスターが顔が出てないので、これが今回の主人公とは限らないなあ。

・鈴鹿御前、風魔小太郎が登場。FGOで知ってる子達出てくるとFGOプレイヤーとしては熱いですな。

※原作ゲームでは「128人の魔術師による、トーナメント形式の聖杯戦争」で、どんなサーヴァント達が参戦していたか設定がなかったので、アニメ等でこの隙間を上手に活用していくのはいいですね。しかも、月の聖杯戦争自体、何度やったかと明言されていませんし。

・シンジが第1階層を治めていたのは1000年だったとは・・お疲れ様・・しんどい形で成長しちゃったシンジ君だなあ。ツライ。(公式サイトにもキャラクター紹介に1000年前の姿と表記されるようになりました)

CCCのシンジは、本当に救われてる方だったんだなぁ。「勝つのは好きだけど、違法する奴は許せないんだ!」って
自分の信条を語って散っていくシンジ本当に良かったんですよ。

・ラニの隠れ家が外装も内装もとても好みです。レンガの家に、かまど!!!

・ラニによる解説。「ダン卿はすでに敗者なので、上にあがれる資格はありません」、ほほう。
第1階層のシンジは、勝者ではあったけど、上にあがるのを拒んだ方だから、ちょっと立場違うんですね。

・赤セイバーとバイクの並走。サーヴァントになると色々人間離れするんですねぇ。

・赤セイバーVS緑のアーチャー、ああああ、かっこいい!!ゲームの時と形は違えど、こうやって1対1で戦う姿が見れてもう満足ですよ!!背中合わせで対決する相手と会話、熱いじゃないですか!!

・ハクノとラニは、時計塔に乗り込んで、デットフェイスが発動して・・・ん、急に決着がついたぞ?何が起きた???

・緑アーチャーさん、そのお墓は…うわああああ。お疲れ様、本当にお疲れ様だよ…

・突然のリン

放送終了と同時に公式サイトの第5話解説ページが更新。ここによると、ダン卿が潜んでいた場所と戦法が詳しく書かれていますので、そちらを参照のこと。それはわかったけど・・・ハクノくんは何で攻撃したのでしょうか。何度見直しても、何で攻撃したのか全然わかりませんでした。手に武器らしきものを持っていましたが、デッドフェイスが終わった途端、何も持っていませんでした。

ハクノ君もデッドフェイスも謎な能力ですねえ…原作ゲームでは多少イレギュラーな存在ではありましたけど、真っ黒になって爆走するなんて力はありませんでした。ハクノ君自身がサーヴァント同等の力をもっているのでしょうか。同じ姿の誰かをもとに作ったアルターエゴ、みたいな。サーヴァントがサーヴァントを使役するって前例なら、ステイナイトでありますし、CCCでもアルターエゴのメルトリリスが一時的にエリザベートのマスターになってましたし。

前回のお話で、ラニが自分と同じ姿の人形を作って作業させており「命令すれば兵器にもなる」と言っていました。
ハクノくんが使ったのが、ラニの人形だったのか、そもそも一緒に突撃してきたのも、本当にラニだったのか
このまま彼女は退場してしまったのか・・・どうにも謎ですねえ。ラニは原作ゲームではヒロインだったので、
これで終わってほしくないのが、プレイヤーだった者としての願いです。

冒頭で出てきた数字「-8678340 (h)」…867万8340時間前だと思うのですが、これって990年前ですよね?
でも回想シーンには「999年前」と出てるので、この9年の空白はなんだろうと思っています。ダン卿が負けてから9年後に起きた聖杯戦争でチャクラヴァルティン成立なんでしょうか。計算間違えてたらすみません。

ステイナイトでもアポクリファでも、サーヴァントとマスターが1か月以上一緒にいるFate作品はあまりなく、EXTRAゲームも聖杯戦争の期間は約2か月です。Fate/GrandOrder配信当初からマスターをやっていて「2年近くサーヴァント達と一緒にいられたマスターなんて、ほかにいないよな~」と少し優越感をもっていたのですが、遙かに超える存在と絆が出てきてしまいました。いいんですけどね、絶対に抜けないじゃんこんなのー!と思ってしまったものでして、わははー。

しかし、次回はアリスですか・・・CMで「ずーっと一人で遊んでたの」と言っていたので、どんな姿を見せられてしまうのか、今から胸が痛くてしょうがありません・・・。

ここまでお読みくださりありがとうございました!

【FateEX_LE公式】第5話用語解説

Fate/EXTRA Last Encore感想目次

2018年3月4日追記
エンディングイラストを描いた方と、作画監督された方のツイートのリンクを追加しました。