なにはともあれ、レッツ2連鎖【ぷよぷよ】

こんにちは、たかのアキです。以前、別のブログやpixivに掲載したものですが、改めてご紹介。

ぷよぷよの連鎖

%e3%81%b7%e3%82%88%e3%81%b7%e3%82%88%e8%ac%9b%e5%ba%a7

%e3%81%b7%e3%82%88%e3%81%b7%e3%82%88%e8%ac%9b%e5%ba%a72

 

2連鎖ができたら3連鎖も同じです。

%e3%81%b7%e3%82%88%e3%81%b7%e3%82%88%e8%ac%9b%e5%ba%a73

%e3%81%b7%e3%82%88%e3%81%b7%e3%82%88%e8%ac%9b%e5%ba%a74

%e3%81%b7%e3%82%88%e3%81%b7%e3%82%88%e8%ac%9b%e5%ba%a75

3連鎖以上組めるようになったなら、ぷよの操作が上達しているはずです。そうしたら次の段階へ。ぷよぷよで連鎖をする時、考えながら連鎖を作るのは、とても難しいのです。そんなときは、設計図があると便利です。はじめから「この形を組む!」と決めてから連鎖を作ると、考える時間も短くなり、大きな連鎖もできるようになります。ぷよぷよの設計図・・・自分で考えてみるのもよいですが、「定型」と呼ばれる設計図があります。定形、それこそが階段積み、鍵積み、だぁ積み、GTR、弥生時代などなど、いっぱりあります。ぷよぷよはとーーっても長くたくさんの人に愛されてきました。よりよい形で、大きな連鎖を作る方法を、たくさん考えてきて、どんどん進化しています。先人の知恵をありがたく真似してみましょう!!真似する方がうまくいく人、真似しないでなんとなーくで組む方が得意な人、人それぞれです。楽しいと思う方法でやってみてください。

階段積みは本当に基本?

「ぷよぷよを強くなりたいけどどうすればいいの?」
「まずは階段積みを覚えようか」

よく聞くようなこの会話、私は違和感を感じていました。ゲーム好きな知り合いが「階段積みができないからぷよぷよは苦手なの」という言葉を聞いてなんてもったいない!!と思いました。階段積みしなくても連鎖はできる。なのに階段積みを強制するのはおかしい。いろんな人とぷよをやっていて、強く思うようになりました。連鎖の見本として、ゲームのデモ映像でよく流れるので、階段積み=連鎖というイメージが強くあるのだと思います。「今更そんな話?」と思われるかもしれません。でもこの考え、結構根強く広まってます。

 

どうして先人たちは、それをセオリーとしたのか。その答えを体感するには、自分でセオリーと向き合うことだ。(中略)これはムダなようでいて、とても大事なことだ。

『勝負論-ウメハラの流儀』より引用(著作者・梅原大吾さん)

当時この本を読んで、「階段積みがセオリーというのは、わかりにくいのでは?」と自分なりに疑ってみて考えました。ウメハラさんは、日本初のプロゲーマーとしてTV等にもご出演されたり、本を執筆されたりしています。本はゲーム攻略ではなく、自分との向き合い方についてのお話が多く、ビジネス書として注目を集めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。