投稿者「たかのアキ-AkiTakano」のアーカイブ

Fate/EXTRA_LastEncoreイルステリアス天動説(前半)

こんにちは、たかのアキです。Fate/EXTRA_LastEncore「イルステリアス天動説」の感想です。

この記事では前半にあたる、レオとガウェイン戦の感想を書きます。

全開の感想投稿から時間が空いてしまいました。テレビ放送されてすぐに見たのですが、一気に終わって惚けてしまってました。せめてBlue-rayが発売される前に投稿しないとと、思った次第です。

というわけで改めて「イルステリアス天動説」、第7階層の感想です。放送期間があいたことで、オープニング映像に修正が入ったようです。

かつての聖杯戦争で、女マスター「白野」とレオとの戦いはどういったものだったのか。誰もがレオが優勝者になると疑わなかったのに、なぜ白野の方が勝ったのか。原作ゲームで主人公だったプレイヤーからすると「なんて失礼な!」と思いましたし、ネロの「ちゃんと実力で勝ちました!!」って態度にヨッシャと思いました(笑)

1000年のうち、最初の100年をすぎたらレオは眠りについた。ということは、900年も庭師をやってたんですねガウェイン。しかも、ネロに受けた傷が癒えないまま・・・。「ただ少しずつ錆びるのみ」ですか。同じテーブルを囲ってお茶してる姿がなんとも新鮮。こういう姿もいいですね。鎧が邪魔そうだけど。

レオは防壁に焼かれる前にトワイスに救出された・・・ほう、BBちゃんみたいな事をしますねトワイス。もしや、BBの手口を真似したのでしょうか。この世界でCCCが起きていれば、知っている可能性もあります。ネロが「ありえない隙を見せた」と言っていたので、レオがわざと負けるようにして、トワイスに助け出されたと考えていいのかなー。

ネロが寄り道をさせてほしいと言った場所、第1話の冒頭にも出てきた場所ですね。ムーンセルでトワイスの戦いに敗れて、第7階層に落っこちたってことなんでしょうか。

ここから白野とトワイスと地球のお話。冒頭から「白野ではなくレオがムーンセルにたどり着いていたら、どうなっていたか」という話に。「一生懸命戦って生き抜いたのに、責められるとかヒドイーー」って思いましたが、そこでリンが「レオが勝っていたら、過程は違っても人類は滅んでいた。結果は同じ」ってフォロー入れてくれる、リンちゃん優しい。

『人類にとって、現状維持=衰退』
そうなんですよね…「今のままがいい」って、ゆっくり衰えるんですよね…。だから、常に良くなるように努めることが必要である。

ガウェインは「自身の感情と思考を切り離して王に仕えている」と発言。上映会トークショーで水島大宙さんが「初めて自分(ガウェイン)の意見を言えた!」とおっしゃっていたらしくたしかになーと思いました。思いと仕事は別ってことですかね。そうでもないとアーサー王の下でもやっていけなかったという事でしょうか。それって社畜では。

「事象が剪定される」という言葉と、枝分かれする歴史の演出。EXSTELLA以降「編纂事象と剪定事象」って言葉ががっつり使われるようになりましたね。詳しく説明があったのもエクステラでしたし。

ガラティーンで封印ですかー。いい演出ですなー。目覚めたばかりでも事態を把握しているレオ。大人なレオがいいですなー。原作ゲームでは見られなかった姿なので嬉しいですね。

ここで「死人でトワイスの妄念は晴らせない」って言ってるんですね・・・重要な情報ですよ!!

一度傷を受けているので、太陽の守りを突破する必要はないんですね。それでもガウェインは強い強い。マスターも1流ですしね。レオの目くばせでガウェインをアシストしたのでしょうか、かーーこいい!!!ちゃんとガラティーン発動のセリフもあってよかった。あれすごい好きです。「この剣は太陽の現し身・・・」の。ステイナイトの後に、別の「エクスカリバー」って名の付く宝具がぞわっとした思い出もあるので。

2話目
トワイスとレオの対話。長々話してますがまとめて言うとトワイスは「人類にとってレオは失敗作」って言い放ったと。なんて失礼な。

トワイスはハーウェイの人らしいです。レオも「無関係というわけでもない」と言ってましたし。(ドラマCDのブロッサム先生コーナーで明言してるらしいですが、聞いてないのでなんとも)このアニメ内でもリンですから「トワイス・ピースマン」と呼んでいるので、彼がハーウェイ関係者であることを知っている人は少ないようです。設定資料集には「トワイス・H・ピースマン」とありますが、ハーウェイ内でどういった立ち位置だったのか特に説明はありません。気になりますね。

「人間は目的がないの生きていけない?」

に対して

「やれることを見つけたくて、人間は生き続ける」

「怒りで戦うのは良い、だが憎しみで戦うのはよくない怒りは相手の行いに対して向けられるもの、憎しみは相手そのものに対して向けられるもの」

いいですね。ふと胸をつく名言が出る。罪を憎んで人を憎まず。

最下層に落とされても、アリスの栞――宝具「永久機関・少女帝国(クイーンズ・グラスゲーム)」に導かれて再び第7階層へ。
(FGOの宝具と違うのは、FGOは魔力供給の都合で、本来の宝具とは別の技を「宝具」として設定している英霊が多いためです)

レオとの戦いの中でデッドフェイスが剥がれて、これでハクノ君は。「その導きに光あれ、君はついに己の命を獲得した」と最下層でトワイスは…

「開演する前に壊してしまえばいい」、そんな攻略法だったとは!!!

「大きなことはできない、小さなことしかできない、ただ一歩前に踏み出すことに全霊を傾ける…それでいいんだ」

Fate/EXTRA Last Encore感想目次

【FGO】第2部2章・無間氷焔世紀ゲッテルデメルング・消えぬ炎の快男児【感想】

こんにちは、たかのアキです。
Fate/GrandOrder第2部2章「無間氷焔世紀ゲッテルデメルング・消えぬ炎の快男児」(2018年7月18日配信)の感想です。
全編のネタバレを含みます。読みたい方はぜひご覧ください。


2部1章(4月4日配信)から2章配信までにあったことを振り返る(日本語版)

●星の三蔵ちゃん天竺に行く~復刻ライト版

●Fate/Apocryphaスペシャルイベント
報酬サーヴァント「ジーク(キャスター)」

●ぐだぐだ明治維新~復刻ライト版
報酬サーヴァント「茶々(バーサーカー)」

●ぐだぐだ帝都聖杯奇譚(終局特異点クリア者対象)
報酬サーヴァント「坂本龍馬(ライダー)」

●デッドヒートサマーレース
  デスジェイルサマーエスケイプ~復刻ライト版
報酬サーヴァント「イシュタル(ライダー)」

1章で人気爆発アヴィケブロン先生、フレンドポイント召喚に入ったので、入手できずに騒ぐことはなくなりました。が、代わりにサリエリで大騒ぎ。なんとか1枚確保できました…。(ストーリー召喚限定のため、イベントなどのピックアップガチャは対象外にされる)

アポクリファイベントで、アキレウスとケイローンが実装。こちらはイベント限定ではなく、ストーリー召喚に加わったので焦ることがなく良かったです。ものすごい勢いで、各勢力が削られていき、「魔神柱の再来だ!(素材の美味しさ)と大騒ぎでしたね~。最後に出てきたダーニックが「まさかこの後ガチャに!?」と財布を握りしめましたがさすがに彼が戦うことはないようで、財布を開くことなくホッとしました(声の檜山さんが好きなので、来たら回さなきゃいけないと思ってた)

ぐだぐだ帝都にて、坂本龍馬が報酬サーヴァントであり、終局特異点クリアが参加条件と発表され、終局を走り切ったマスターが多かった印象があります。私の周りも、ずっとイベント勢だった友人たちが続々とクリアしていきました。坂本龍馬すごい。龍馬さんと岡田以蔵さんが女性向け二次創作で爆発しました。以蔵さん、☆3アサシンですが、なんとイベントガチャ限定とあり、こちらは必死になりました。うちは宝具2の以蔵さんがいます。私は、コハエースが好きで以前から漫画を読んでいたので、帝都聖杯戦争がFGOで展開されたのは嬉しかったです。前半がシリアス展開で、後半は超豪華声優ちびノブ達が大暴れ!!

ハサノブがしっかり即死技で怖い怖い

それでは本題の2章感想です。


戦闘

巨人達に即死が効いたので、宝具に「即死」効果のあるニトクリスや両儀式(殺)、山の翁が活躍しました。アサシン達はライダークラスのワルキューレ戦でも大活躍でした。こちらも即死ささりましたしね。巨人たちがバーサーカー属性だったので、フォーリナーのアビゲイルも大活躍。単体バスター宝具強い強い。

パーティー強制加入戦闘は特に困りませんでしたし、オーダーチェンジすることなく戦わせました。敵に有利なクラスだから良かったですが、不利なクラスを強引に加入させる(下総国のような)イベントはなるべくやめてほしいところですね…。

シグルド、スルト共に「男性のセイバー」なので、オリオン&アルテミスが大活躍。うちにいて良かった。空想樹のトドメは新宿のアーチャー(フォウMAX、スキルオールMAXになりました)、ばんざい。

一番困ったバトルは、ワルキューレ3体。全員同時に宝具撃たれると、どうしようもなかったので、全体宝具持ちのセイバーでひたすら殴りました。最初はフレンドのマーリンなどで、身を守りつつ戦っていたのですが、「攻撃した方が早い」と思い、フレンドのレベル100スキルMAXプロトアーサーと共に蹴散らしていきました。ありがとう、強かった。


ナポレオン・ボナパルト

配信前にガチャで真名が判明した快男児さん。ごめんなさい、最後の最後まですんごい疑ってました。「現地の事情に詳しいサーヴァントとカルデアと連絡をとらないままに行動する」というのがアガルタを思い出してしまい、ずっと疑ってしまってたんです。なんの裏表のなく、すがすがしい人でしたね

ジャンヌが「フランスの英霊として知名度で彼に負けているのでは!?」と危機を感じていたのを思い出しました。
(PSVita版Fate/hollow ataraxia収録ゲーム カプセルサーヴァント参照)

12節で「すぐに寝る」を選択すると、ナポレオンから聞ける秘密の情報源さん「ナリはどう見てもただの人間だったが、異聞帯で生きる知恵に長けていた」…はたして何者なんでしょうか。


ゲルダ

「衛宮さんちの今日のご飯」の漫画を担当されているTAa先生絵のゲルダちゃん。主人公一行が「寿命が決められてる世界なんておかしい」と、この世界のルールに介入する姿に違和感。「どんなルールであれ目の前でむざむざ人が死ぬのを止めたい!」という気持ちはわかりますが、本人たちが「当たり前」と思っている世界をズカズカ荒らしていくのもどうなのか・・・と思いました。「郷に入っては郷に従え」なのでは、と思っていました。

あのシーンは疑問に思ったプレイヤーも多かったようで、ツイッターでも話題になっていました。そんな中で「自分たちの良いと思った世界を残す、それを面と向かって相手に伝える。黙ったまま異聞帯を消したら、それこそゲーティアと同じになってしまうから」という意見を目にしました。物語の最後でもムニエルが「誰とも関わることなく消した方が良いのでは」という意見にダヴィンチちゃんが「顔の知らない相手なら殺していいってわけじゃないだろ」という言葉につながるのかなと。

異聞帯が消えるまで描かれましたが、最後まで笑顔でいてくれたゲルダちゃんに少し救われました。(スーパーファミコンの天地創造というゲームのラストを思い出しました・・・)


ゴルドルフ新所長

「第2部のヒロイン」が定着しつつある新所長のゴルドルフさん。アポクリファのゴルドの息子というこで確定でしょうか。ダヴィンチちゃんが話していた「厳しい家庭教師に躾けられた」、これは以前、「教育係のトゥールⅣ型はスパルタだった」とゴルドルフ本人が話していましたね。トゥールは、アポクリファの世界でゴルドが作ったホムンクルスのひとりでした。ゲルダとの会話で「ホムンクルスは生まれつき短命」と話していましたから、どんどん死んでいくホムンクルス達を見て来たのでしょうね…。そういった経験から「特殊な使い魔とはいえ、人の心をもった者との別れ」を大事に思ってくれたのかもしれません。

あまりにも魔術師らしからぬ情に熱い新所長・・・だからこそ、時計塔ではあまり出世しない家系だったのかもしれませんね。

アポクリファ世界ではアインツベルン家からホムンクルスのノウハウを教わったそうなので、シトナイから「アインツベルン」と聞いた時にウチと関係があると話していたのは、この世界でも接点があったと。


ホームズ

あんな新規立ち絵出されてもおおおおおおおお怖かったよおおおおおおお!!!
私のカルデアにいる唯一のルーラーなので、思い入れあるんですよ…うええ、本当に退場するのかと思った。


シグルドとブリュンヒルデ

笑顔が眩しい!!!!

ブリュンヒルデが、「贋作英霊」「ネロ祭2017」と体験クエストぐらいでしか描かれておらす、ちょっと怪しいお姉さんぐらいの印象しかなかったのですが(能登さんの演技も相まって)とてもかわいらしい女性として描かれて、本人も幸せそうで、いやあ・・まぶしかった!良かったね~良かったねーーーと、シグルドと会話をしてる姿にこっちまでにこにこ。シグルドも男前でしたなあ!津田さんいい声かっこいい!!!ブリュンヒルデとワルキューレとのやりとりもカッコよかったです。贋作英霊イベントでジャンヌオルタを姉と慕っていたのは、自分も妹ポジションになってみたいってことだったんでしょうかね~

そうそう、武内さんの絵でワルキューレって、絵だけ発表されて消えてた「プラネットワルキューレ」という企画を思い出すよね…と、ちょっとざわざわしました。本当に、なんだったんだろうあれは…。


スカサハ=スカディ

もうご登場ですか!CMで出てきてはいたものの、もっと先だと思っていたのでびっくりしました。宝具がバフとはいえ、モーションがかっこいい。「間違った世界だとわかっていても、見殺しになんかできない」という想い、終わらせてくれる人を待っていたのかなと思いました。3000年も…。色々と協力してくれたりホームズを治してくれたりしましたもんね。戦闘モーションがすごいかっこいいです。特に地面に足を踏みつけて氷が伸びてくる動きカッコイイ。


シトナイ

「バーサーカーは強いね」

おおおおおお!?!????うそおおおおおおおおおお!!!!きたら回すううううううううう!!!!!(パニック)

ドヤっとした顔がめちゃくちゃ可愛いですね。

女神複合のアルターエゴ・・・サクラファイブでは・・・


オフェリア

主人公を「大切な後輩」と言ってくれたのがすごく、すごく嬉しかったです・・主人公にとって「先輩」ですもんね。マシュだけは殺さないでとずっと言っていたのも、「友達になりたい」と声をかけたかったからと・・ああ、平和な世界が見たい・・・。主人公とオフェリアが協力して人理修復に挑んだ世界とか想像してしまいます。

オフェリアがずっと「日曜日が怖い」と過去を振り返っていた話が、スルト降臨につながっていたのは面白かったです。スルトの声も津田健次郎さんだったと思うのですが、ダメージを受けたときの「オフェリアああああ!」って声がまたカッコよかったです。

大令呪(シリウスライト)は、術者の命と引き換えに発動ときましたか、さて今後どう出てくるのか。

ペペの相方がアルターエゴ・・・リンボちゃんじゃないですか。わーお。


シオン・エルトナム・ソカリス

「性格変わりましたか???」というのが率直な意見でした・・・。

「シオン」というのは、TYPE-MOON社のゲームの一つ「MELTY BLOOD」(略称メルブラ)という格闘ゲームのヒロインですFGOでもよく名前が出るアトラス院の錬金術師で、紫の髪の毛を長い三つ編みにしてる女性でした。

私が初めて触れたTYPE-MOON作品が、このメルブラだったので彼女に対する思い入れは大きく、登場に驚いたとともに、若干の性格変化に戸惑っております。いわゆる、クール系で淡々と話す子だったので、最後のように興奮した話し方で「本当にシオン?」と思いました。シオンを名乗った別人なのか、いろいろあってメルブラの世界とは違う性格なだけなのか・・・気になりますね。名前も「ソカリス」と名乗ったということは、院長ではないようですし。(アトラス院院長のシオンはシオン・エルトナム・アトラシアとなっている)

「路地裏ナイトメア」という漫画(全2巻)は彼女が主人公で、オルガマリーやレフが出てくる漫画でオススメです。だいぶ難解ですが。ゲームセンターに行く機会があれば100円でメルブラが遊べると思うので、覗いてくれたら嬉しいです。ラスボスと戦う場所は「アトラス院」です。Steam配信もされています。


フォウ君

君は誰ですか

1部の最後で「普通の獣になる」と宣言していたわりには、今回は意志がありすぎて、本当に普通の動物レベルなのか疑問になりました。マーリンが強制退去からの逃れるために隠れていた説を推しておきます。

長文にお付き合いくださりありがとうございました。今年の水着イベント楽しみですね!!

その他のFateシリーズ、FGO関係の記事もどうぞ!
【目次】Fateシリーズ関連の記事

【感想】アンジェリーク・ルトゥール

こんにちは、たかのアキです。ゲーム「アンジェリーク・ルトゥール」の感想です。

発売元:コーエーテクモ
2015年12月17日、対応機種PlaystationVita
ジャンル:恋愛シミュレーション
公式ホームページhttps://www.gamecity.ne.jp/ange_retour/

「アンジェリーク」は作品タイトルであり、主人公の女の子の名前でもあります。
「ルトゥール」は1994年にスーパーファミコンで発売された最初の「アンジェリーク」のフルリメイク作品です。


塩対応と言われるのは

「アンジェリーク」というと、攻略キャラが厳しいということで有名らしいです。

そもそも物語が「宇宙の均衡を統べてる『女王』と呼ばれる存在がいるが、力が衰えて来たため次の『女王』になるための試験を受ける」というもの。平たく言うと「神様になるための試験を受ける」というものであり、攻略対象の男性たちは「試験官」のような立場でもあるのです。だって宇宙の存続の危機なんですから、そりゃ見る目も厳しくなります。デートの時でも「試験中」なんです。時間をかけて成績を上げれば、ちゃんと褒めてくれますよ。「いっちょ見返してやるぜ!」みたいな気持ちで挑むと楽しいです。

余談ですが、私が初めて遊んだアンジェリークSpecial(PS版)では、本気で「対戦するシムシティ」だと思っていました(笑)だいたいのプレイヤーが出会う、「大陸の人数を間違えてデート中断トラウマ」は受けませんでした。まぁ、誰とも恋愛エンディングになりませんでしたけども。(2015年のネオロマンスフェスタでこのやりとりへのザワつきは忘れられない)


生まれ変わった名作

アンジェリークシリーズで初めて全員とエンディングを見ました。(スチルは埋めてませんが)今の時代に沿った見た目だけど、やってることは変わらず初代のアンジェリークだったと思います。恋愛ゲームというと、特定のキャラクターに沿った選択肢を選ぶと、そのキャラクター専用の物語が始まる…という形式が多いです。「アンジェリーク」では、大筋の物語は変わらず、決められた日数のなかで誰とどう過ごしていくか、を楽しみます。ときメモが近いかな?ある日突然告白されて、OKすればエンディングになりますし、断って続行しても良いのです。トロフィー(実績)に、全員攻略があったりしますし。

「対戦するシムシティ」だと思っていた時は、誰とも恋愛エンディングは迎えられませんでしたが、今ならいける!と息まいて全員エンディングを見ることができました。

ちなみに、公園デートでは必ず大陸の人数を聞いてくるので、事前にデータの画面をスマホで写真を撮って確認してました。他にも「君ならどっちの人の意見を参考する?」と聞かれたら、質問者と仲の良い人を答えるなど、人読みが発生します。自分の意見なんて二の次です(笑) 人間関係は、昔から頭に入ってますしね!!

大きく見た目が変わったことで話題のキャラはいましたが、私は純粋に可愛いと思いましたし、改めてかっこいいとも思いました。
燕尾服のオリヴィエ様はいいゾ。

大きな変更点では、占いの館と王立研究院(大陸視察)が統合されたこと。どちらもディア様が担当しています。
ディア様(CV田中敦子さん)が「ラブラブフラッシュ!」って言ってくれる!!可愛い!!!


新(?)キャラクター「ブライアン」

攻略対象キャラクター「ブライアン」・・よく今このキャラクターを参加させたなあと驚きました。私はアンジェリークはゲームしかプレイしておらず、ドラマCDや漫画等はほとんど触れていない程度のアンジェリーカーです。(ドラマCD4枚でストーリー完結×3作品とかありました。OVAも多数展開あり)それでも・・それでもゼフェルが無理やり守護聖として連れてこられたという話は知っていましたし、そこで食い込むストーリーとキャラクターを、きちんとした形で落とし込んでくれたのは本当に良かったと思います。ずっとモヤモヤしたままじゃなくて良かったなあと。

ゲームをプレイするにあたり、「ブライアンルートに入ると、他のキャラの攻略は不可能になる」という話だけ聞いていたので、一番最後に攻略しました。・・・最後にして本当に良かったです。前述したように、アンジェリークは「親密度を上げて告白する相手を選ぶ」という流れなのですが、ブライアンだけは、専用のお話が用意されていました。

「この選択肢を選んだらブライアンルート確定」という場所があり、選んだ瞬間「○○○の攻略不可になりました」と注意文章が一気に画面に表示される恐怖はなかなかでした・・・ああ、これで守護聖様たちに背いてしまったんだなぁと・・・。他のキャラたちとの親密度が0になるので、今まで徐々に仲良くなってきた会話が初期状態になります。一気に冷たくされ、行動を見透かされたような気持になり、ふたたび恐怖。

守護聖様たちは立場が上なので、基本的に丁寧語で話しているのですが、ブライアンはたまたま出会った人なので普通のしゃべり方をしているのがなんとも新鮮で楽しかったです。アンジェリークも「女王候補」という立場を忘れて息抜きできる相手がいるんだな~とほっこりしました。

ブライアンの声優を担当されたのは逢坂良太さん。「近い年齢の役者を集めた作品かと思ったら、ベテランの方々ばかりで大変緊張しております」とのこと。そらそうだ!!!女性でいえば「サクラ大戦の初期作リメイクやるから、そこの新キャラ役だよ」って言われるようなものでしょうか。ブライアンのキャラクターもお話もとっても良かったし、今後ちゃんと正体を周知させた状態で岩田光央さんとデュエットとかあったら嬉しいので、展開あるといいなーと思っています。がんばれ。

2016年2月の「ネオロマンスフェスタアンジェリーク・ルトゥール」での朗読ドラマで正体ありきでのお話があったのは嬉しかったです。

執事のジェラールとシルヴァンが、ネオアンジェリーク世界と合流してくれないか、もしくは続編で出番があってくれないかと願っています。


どうか末永く愛されますよう

私は「ネオロマンスシリーズ(乙女ゲーム作品群)」は遙かシリーズとコルダ3を少し遊びましたし、ネオロマンスフェスタ(声優イベント)にも通っていた時期もありました。

作品が多くなればファンにとって大事な作品もそれぞれ。人気の波も当然ありますし、新作が人気になるほど、過去作はあまりとりあげられなくなるのですが、企業として当然のことだと思います。そんな中で、「アンジェリーク」という作品を見捨てず、再び力を入れてくれたのは、ありがたいなぁと思っていました。リメイク作品の発表を聞いて大喜びしたので、一番思い入れ深いのはアンジェリークなんだな~と改めて実感しました。

作品として動きがあれば、関連イベントやグッズ展開もあるので、そういった意味でもありがたかったです。演者の方々のお話を聞いたりするのが好きなので。これだけ長い間「声優」という芸能活動を続けてくださってる役者の皆様には本当に感謝しております。
加えて、途中から参加された田中秀幸さんが、改めて一番最初のお話のクラヴィス様を演じてくださるのも嬉しかったな~。
※初期作は故人である塩沢兼人さんが演じていたキャラを引き継いだのが田中秀幸さんでした。私の誕生日と相性が良い(ゲーム開始時に設定される)ので、思い入れがあるのです。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

<関連ホームページ>
こちらのページから、全員のインタビューがつながっています
『アンジェリーク ルトゥール』キャストインタビュー ジュリアス役の速水奨さんに聞く「思いっきりときめいてほしい」