ぷよぷよ」カテゴリーアーカイブ

ぷよぷよクロニクル【感想】

ぷよぷよクロニクルシール

こんにちは、たかのアキです。
12月8日に発売されたニンテンドー3DS用ゲームソフト「ぷよぷよクロニクル」を簡単にレビューします。画像はセガフェスで大会参加賞としてもらったシールです。ソフト自体はダウンロード購入しました。

対戦環境は良好

インターネット対戦に対応しておいり、ぷよぷよ通、ぷよぷよフィーバー、スキルバトル(今回初のモード)がネット対戦できます。フィーバーモードに入ってもおじゃまぷよで妨害できる、いわゆる「フィバ潰し」が復活したことで、対戦として楽しいぷよぷよフィーバー。かつてWindows版ぷよぷよフィーバーをよく遊んでいた友人は、申し分ないと嬉しそうに話してくれました。

2017年2月16日追記
最大100本先取のクラブ(対戦ルーム)が作成でき、一人の相手と長く遊ぶには、うってつけです。対戦相手とのフレンド登録不要。気軽に連戦ができますね。

スキルバトル

スキルバトルはRPGで育てたキャラクターで対戦するモードです。キャラクターのレベルと、スキルレベルが大きく左右するので、実力差があってもキャラのレベルが高ければある程度粘れます。しかし、最後にはぷよぷよの腕とスキルの使い方が左右するので、両方もっている方には敵いませんが。ネット対戦で上位にいる方々は全員レベル100にしているのでしょう。スキルバトルはおじゃまぷよを受けるとHPが減り、先に0になったほうが負けです。スキルはキャラごとにことなりますが、対戦するなら必須なキャラもいるようです。例えば、サタンのスキルは「降ってくるおじゃまぷよを消す」なので、全て消せればダメージを無効にすることができ、対戦でかなり大きな役割があるようです。キャラクターのレベルもスキルレベルもRPGモードで育てる必要があります。

ちょっと残念なRPG

ぷよぷよで戦闘はとても面白い。戦闘は申し分ありませんでした。ぷよぷよで新しい遊びとして、とても楽しく遊びました。キャラクターが全て3Dで動くので可愛らしくキャラクターが好きな方には良いと思います。今まで絵柄だった動きがお人形のようにくるくる動く姿は新鮮で、改めて好きになりました。スキルバトルのみですがセリリ、ハーピー、ラグナスの復活はぷよ通、ぷよSUN好きには本当に嬉しかったです。ですが、ダンジョンの仕掛けが最初から最後まで同じだったり、仲間モンスターの使い道がイマイチだったり、街の家は全て飾りだったり、マップに表示するキャラがアルル固定だったり、せっかく見た目が良いのにRPGとしてもうちょっとがんばれなかったのだろうか?と思いました…残念です。いままでの漫才デモをRPGに詰め込んだ感じです。

意外と楽しい、みんなでボスバトル

オフライン限定ですが、「みんなでボスバトル」が楽しいです。激辛で挑戦するとレア装備(ぷよカ)をドロップするらしいとのことで、ぷよ仲間と4人でアミティを叩きまくってました(笑)HP、MPが4人共有になるので、スキルを使うタイミングを言い合ったり、「こっち6連鎖できたからいくよー」「攻撃くるぞー!防げー!」など大騒ぎしながら協力プレイは楽しいです。アーケードのぷよぷよクエストを、ぷよぷよ通で遊んでる感じがしました。

「ぷよぷよ」の新しい遊び方

ぷよぷよって、1つあれば充分なゲームなので過去作を持っているなら新しいのは不要と思われがちなんですよね。「ぷよぷよ」の新しい遊び方として、すごく良いと思いました。倒しあうだけではない、協力ができる。この新しい遊び方が、もっと広がると良いなと思いました。

 

なにはともあれ、レッツ2連鎖【ぷよぷよ】

こんにちは、たかのアキです。以前、別のブログやpixivに掲載したものですが、改めてご紹介。

ぷよぷよの連鎖

%e3%81%b7%e3%82%88%e3%81%b7%e3%82%88%e8%ac%9b%e5%ba%a7

%e3%81%b7%e3%82%88%e3%81%b7%e3%82%88%e8%ac%9b%e5%ba%a72

 

いろいろな2連鎖
%e3%81%b7%e3%82%88%e3%81%b7%e3%82%88%e8%ac%9b%e5%ba%a73

2連鎖ができたら3連鎖から先も同じです

%e3%81%b7%e3%82%88%e3%81%b7%e3%82%88%e8%ac%9b%e5%ba%a74

%e3%81%b7%e3%82%88%e3%81%b7%e3%82%88%e8%ac%9b%e5%ba%a75

3連鎖以上組めるようになったなら、ぷよの操作が上達しているはずです。そうしたら次の段階へ。ぷよぷよで連鎖をする時、考えながら連鎖を作るのは、とても難しいのです。そんなときは、設計図があると便利です。はじめから「この形を組む!」と決めてから連鎖を作ると、考える時間も短くなり、大きな連鎖もできるようになります。ぷよぷよの設計図・・・自分で考えてみるのもよいですが、「定型」と呼ばれる設計図があります。定形、それこそが階段積み、鍵積み、だぁ積み、GTR、弥生時代などなど、いっぱりあります。ぷよぷよはとーーっても長くたくさんの人に愛されてきました。よりよい形で、大きな連鎖を作る方法を、たくさん考えてきて、どんどん進化しています。先人の知恵をありがたく真似してみましょう!!真似する方がうまくいく人、真似しないでなんとなーくで組む方が得意な人、人それぞれです。楽しいと思う方法でやってみてください。

階段積みは本当に基本?

「ぷよぷよを強くなりたいけどどうすればいいの?」
「まずは階段積みを覚えようか」

よく聞くようなこの会話、私は違和感を感じていました。ゲーム好きな知り合いが「階段積みができないからぷよぷよは苦手なの」という言葉を聞いてなんてもったいない!!と思いました。階段積みしなくても連鎖はできる。なのに階段積みを強制するのはおかしい。いろんな人とぷよをやっていて、強く思うようになりました。連鎖の見本として、ゲームのデモ映像でよく流れるので、階段積み=連鎖というイメージが強くあるのだと思います。「今更そんな話?」と思われるかもしれません。でもこの考え、結構根強く広まってます。

 

どうして先人たちは、それをセオリーとしたのか。その答えを体感するには、自分でセオリーと向き合うことだ。(中略)これはムダなようでいて、とても大事なことだ。

『勝負論-ウメハラの流儀』より引用(著作者・梅原大吾さん)

当時この本を読んで、「階段積みがセオリーというのは、わかりにくいのでは?」と自分なりに疑ってみて考えました。ウメハラさんは、日本初のプロゲーマーとしてTV等にもご出演されたり、本を執筆されたりしています。本はゲーム攻略ではなく、自分との向き合い方についてのお話が多く、ビジネス書として注目を集めています。