レビュー」カテゴリーアーカイブ

【感想】アンジェリーク・ルトゥール

こんにちは、たかのアキです。ゲーム「アンジェリーク・ルトゥール」の感想です。

発売元:コーエーテクモ
2015年12月17日、対応機種PlaystationVita
ジャンル:恋愛シミュレーション
公式ホームページhttps://www.gamecity.ne.jp/ange_retour/

「アンジェリーク」は作品タイトルであり、主人公の女の子の名前でもあります。
「ルトゥール」は1994年にスーパーファミコンで発売された最初の「アンジェリーク」のフルリメイク作品です。


塩対応と言われるのは

「アンジェリーク」というと、攻略キャラが厳しいということで有名らしいです。

そもそも物語が「宇宙の均衡を統べてる『女王』と呼ばれる存在がいるが、力が衰えて来たため次の『女王』になるための試験を受ける」というもの。平たく言うと「神様になるための試験を受ける」というものであり、攻略対象の男性たちは「試験官」のような立場でもあるのです。だって宇宙の存続の危機なんですから、そりゃ見る目も厳しくなります。デートの時でも「試験中」なんです。時間をかけて成績を上げれば、ちゃんと褒めてくれますよ。「いっちょ見返してやるぜ!」みたいな気持ちで挑むと楽しいです。

余談ですが、私が初めて遊んだアンジェリークSpecial(PS版)では、本気で「対戦するシムシティ」だと思っていました(笑)だいたいのプレイヤーが出会う、「大陸の人数を間違えてデート中断トラウマ」は受けませんでした。まぁ、誰とも恋愛エンディングになりませんでしたけども。(2015年のネオロマンスフェスタでこのやりとりへのザワつきは忘れられない)


生まれ変わった名作

アンジェリークシリーズで初めて全員とエンディングを見ました。(スチルは埋めてませんが)今の時代に沿った見た目だけど、やってることは変わらず初代のアンジェリークだったと思います。恋愛ゲームというと、特定のキャラクターに沿った選択肢を選ぶと、そのキャラクター専用の物語が始まる…という形式が多いです。「アンジェリーク」では、大筋の物語は変わらず、決められた日数のなかで誰とどう過ごしていくか、を楽しみます。ときメモが近いかな?ある日突然告白されて、OKすればエンディングになりますし、断って続行しても良いのです。トロフィー(実績)に、全員攻略があったりしますし。

「対戦するシムシティ」だと思っていた時は、誰とも恋愛エンディングは迎えられませんでしたが、今ならいける!と息まいて全員エンディングを見ることができました。

ちなみに、公園デートでは必ず大陸の人数を聞いてくるので、事前にデータの画面をスマホで写真を撮って確認してました。他にも「君ならどっちの人の意見を参考する?」と聞かれたら、質問者と仲の良い人を答えるなど、人読みが発生します。自分の意見なんて二の次です(笑) 人間関係は、昔から頭に入ってますしね!!

大きく見た目が変わったことで話題のキャラはいましたが、私は純粋に可愛いと思いましたし、改めてかっこいいとも思いました。
燕尾服のオリヴィエ様はいいゾ。

大きな変更点では、占いの館と王立研究院(大陸視察)が統合されたこと。どちらもディア様が担当しています。
ディア様(CV田中敦子さん)が「ラブラブフラッシュ!」って言ってくれる!!可愛い!!!


新(?)キャラクター「ブライアン」

攻略対象キャラクター「ブライアン」・・よく今このキャラクターを参加させたなあと驚きました。私はアンジェリークはゲームしかプレイしておらず、ドラマCDや漫画等はほとんど触れていない程度のアンジェリーカーです。(ドラマCD4枚でストーリー完結×3作品とかありました。OVAも多数展開あり)それでも・・それでもゼフェルが無理やり守護聖として連れてこられたという話は知っていましたし、そこで食い込むストーリーとキャラクターを、きちんとした形で落とし込んでくれたのは本当に良かったと思います。ずっとモヤモヤしたままじゃなくて良かったなあと。

ゲームをプレイするにあたり、「ブライアンルートに入ると、他のキャラの攻略は不可能になる」という話だけ聞いていたので、一番最後に攻略しました。・・・最後にして本当に良かったです。前述したように、アンジェリークは「親密度を上げて告白する相手を選ぶ」という流れなのですが、ブライアンだけは、専用のお話が用意されていました。

「この選択肢を選んだらブライアンルート確定」という場所があり、選んだ瞬間「○○○の攻略不可になりました」と注意文章が一気に画面に表示される恐怖はなかなかでした・・・ああ、これで守護聖様たちに背いてしまったんだなぁと・・・。他のキャラたちとの親密度が0になるので、今まで徐々に仲良くなってきた会話が初期状態になります。一気に冷たくされ、行動を見透かされたような気持になり、ふたたび恐怖。

守護聖様たちは立場が上なので、基本的に丁寧語で話しているのですが、ブライアンはたまたま出会った人なので普通のしゃべり方をしているのがなんとも新鮮で楽しかったです。アンジェリークも「女王候補」という立場を忘れて息抜きできる相手がいるんだな~とほっこりしました。

ブライアンの声優を担当されたのは逢坂良太さん。「近い年齢の役者を集めた作品かと思ったら、ベテランの方々ばかりで大変緊張しております」とのこと。そらそうだ!!!女性でいえば「サクラ大戦の初期作リメイクやるから、そこの新キャラ役だよ」って言われるようなものでしょうか。ブライアンのキャラクターもお話もとっても良かったし、今後ちゃんと正体を周知させた状態で岩田光央さんとデュエットとかあったら嬉しいので、展開あるといいなーと思っています。がんばれ。

2016年2月の「ネオロマンスフェスタアンジェリーク・ルトゥール」での朗読ドラマで正体ありきでのお話があったのは嬉しかったです。

執事のジェラールとシルヴァンが、ネオアンジェリーク世界と合流してくれないか、もしくは続編で出番があってくれないかと願っています。


どうか末永く愛されますよう

私は「ネオロマンスシリーズ(乙女ゲーム作品群)」は遙かシリーズとコルダ3を少し遊びましたし、ネオロマンスフェスタ(声優イベント)にも通っていた時期もありました。

作品が多くなればファンにとって大事な作品もそれぞれ。人気の波も当然ありますし、新作が人気になるほど、過去作はあまりとりあげられなくなるのですが、企業として当然のことだと思います。そんな中で、「アンジェリーク」という作品を見捨てず、再び力を入れてくれたのは、ありがたいなぁと思っていました。リメイク作品の発表を聞いて大喜びしたので、一番思い入れ深いのはアンジェリークなんだな~と改めて実感しました。

作品として動きがあれば、関連イベントやグッズ展開もあるので、そういった意味でもありがたかったです。演者の方々のお話を聞いたりするのが好きなので。これだけ長い間「声優」という芸能活動を続けてくださってる役者の皆様には本当に感謝しております。
加えて、途中から参加された田中秀幸さんが、改めて一番最初のお話のクラヴィス様を演じてくださるのも嬉しかったな~。
※初期作は故人である塩沢兼人さんが演じていたキャラを引き継いだのが田中秀幸さんでした。私の誕生日と相性が良い(ゲーム開始時に設定される)ので、思い入れがあるのです。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

<関連ホームページ>
こちらのページから、全員のインタビューがつながっています
『アンジェリーク ルトゥール』キャストインタビュー ジュリアス役の速水奨さんに聞く「思いっきりときめいてほしい」

【FGO】永久凍土帝国アナスタシア感想

こんにちは、たかのアキです。Fate/GrandOrder第2部1章「永久凍土帝国アナスタシア」の感想です。

※本文はストーリーの内容に深く触れています。

一番衝撃的だったこと

「アマデウスオルタ!ほほー関智一さんのオルタボイスとな、楽しみ楽しみ♪」

戦闘に入る

「まってーーーー!まってーーーー!!!これ俊彦さんじゃん!関俊彦さんだよ!!そんな話は聞いてないーーーーーわーーーーーー!!!!(錯乱)」

心底びっくりしました…関俊彦さん好きなんです。デシディアファイナルファンタジーでもウォーリアオブライト使ってます大好きです。あああ、サリエリさん・・欲しいです。スーツ姿が新茶と同じストライプ柄のスーツじゃないですかカッコいい。永久凍土帝国をクリアすると、ストーリー召喚に加わるのですが、1.052%と表記されました。ある意味☆5サーヴァントを引き当てるのと同等ということは、ストーリー召喚でのアンリじゃないですか、アヴェンジャーだし。うちに来てほしいですし来年のバレンタインでチョコ渡したいです。

ストーリーでも一度敵対した後は味方になり、最後の締めまで綺麗に持って行ってくれて良い役どころだったと思いました。戦闘BGMにピアノ演奏が流れるってすごいですね。かっこいい。

今後、イベントストーリーでアマデウスと漫才コンビみたいにされるんでしょうか、とても楽しみです!!

アヴィケブロンの株が急上昇
「アニメのアポクリファを見ておいてよかったなー」と心底思いました。やはり舞台と役どころが変わるとその人物の違う側面が見えるというのは面白いですね。あと、まさかアポクリファのマスターとのことを後悔しているという話題が出てきたのは驚きました。アポのアニメ放送直後(2017年7月~12月まで放送)ということもあり、記憶に新しい方も多いと思います。「炉心どうするんだ…」「裏切るんじゃないか」という悪い予想をしつつも、そんな予想を綺麗に裏切って「最後までマスターに付き添ってくれたアヴィケブロン」に感激した方は多かったのではないでしょうか。私がそうです!ウチに来てください!!

あと、新章って配布サーヴァントはナシなんですね…アヴィケブロン全然引けないので配布されないかな~と思ったんですが。うぅ…いつ来ることやら…

アタランテがどこ行っても損な役割
「アニメのアポクリファを見ておいてよかったなー」と思いました(2度目)マスター側に敵対しても間違ってるし無意味なんだけど、ずっと寄り添ってきたヤガ達を最後まで守りたいという気持ちを優先するのは、わかるのですが・・・もう少し救いが欲しかったなと思いました。この世界ですごくがんばった一人なんですから。

ビリーとベオウルフ
この二人が好きな方は大勝利でしたねー!!特にベオウルフが味方として動いてくれるのは初めてで、ビリー君もかなり一緒に動いてくれましたし。今回のストーリー、途中で離脱するキャラがあまりいなかったので、少ない人数をしっかり活躍を描いてくれたのが良かったです。武蔵ちゃんは、第2部のあいだに落ち着ける場所が見つかると良いのですが…。

パツシィ君
下総国でおぬいちゃんや、セイレムでのラヴィニアのように、戦闘するわけじゃないけど物語にしっかりと関わってくるキャラが見られるようになってきたな~と思ったところに、今回はがっつりパツシィが案内係として関わってきましたね。その町やその世界の様子を語るには、住んでる人に話してもらうのが一番です。今後も彼のような立場の人と、接するお話になるのでしょうか。

……礼装を受け取った日で、いつクリアしたかわかるようになりますね。

言峰さん本格始動
「疑似サーヴァントだった」、そのあと「彼は自由になった」と。ということは、マシュの中からギャラハッドがいなくなったように言峰さんの中からも憑依してた人が消えて、結果言峰さんは生き返って、自分なりに行動する…ということでしょうか。まじかー。いや~しかし、「2004年の冬木聖杯戦争で言峰綺礼は必ず死亡する」とホロウアタラクシアで断言していた話を、「実は死体は確認してないんだー」っていう流れで持ち出してくるとは!

「疑似サーヴァントとして長期間活動していると、憑依してる英霊がいなくなっても同等の力を得られる」ってなかなかにヤバい話ですね。封印指定モンです。ということは、エルメロイ2世も…?

カドックとアナスタシア
久しぶりですねえ「サーヴァントをかばうマスター」を見たのは。この行動で一気にカドックへの敵対心が薄れた方は多いのではないでしょうか。とはいえ、カドックが人理修復の役割を奪われた復讐ゆえにクリプターの役割を引き受けた…え、心狭すぎない??自分ならもっと上手くできたって言うなら、そういうのはよそでやってくれー!カドックは生きてカルデアメンバーと一緒にいるようですから、起きたらその辺を問い詰める話から始まるんでしょうかね。

他のクリプター達がどういう考えで今の行動を起こしてるのか、掘り下げられそうで楽しみですね。英霊ではなく、人を相手にするのは、何気にFGOでは初めてのこと。あと、マスター側にも声がついているということで、大変楽しみです。(カドック役は赤羽根健治さん)

「――汝、自らの力をもって、最強を証明せよ――」

…を、世界規模でやるんですね。うわー。

彷徨海(ほうこうかい)のバルトアンデルス
時計塔、アトラス院に続く3つ目の組織・・へー。初めて名前聞きます。本格的に作品に関わるのは初めてかな?青子さんとか合流してないかしら。わりとアウトローだものあの先生。

ちょっと調べたところ、彷徨海はネロ・カオスの出身組織らしいですね・・・漫画版の月姫をぜひご覧ください。

ミノタウロス
アビゲイルとキルケーが大活躍でした。アビーはフォーリナーゆえ、キルケーは宝具でミノタウロスでも豚に変えて行動を止めるので非常に助かりました。そうそう、ミノタウロス、ちゃんとボイスが入っていてびっくりしました…鳥海浩輔さんが新録されたんでしょう。(FGOですと初期からロビンフッドとアステリオスをやってらっしゃいます)ロビンはちょこちょこ追加ボイスありましたが、こっちの声で新録があるのは嬉しかったです。

ゴーレム
ストーリーでも大変便利屋だったゴーレムが最後で戦いに投入。ゴーレムスキル強かったです、便利すぎます。使用ターンが早い早い。これまた使いたいなーー。非常に盛り上がる演出だったと思います。マスターも一緒に戦ってるぞ!という感じがして。

マシュの新スキル
ターゲット集中と無敵が一緒になったのはありがたいのですが、やはり全体防御スキルが消えるのは痛いですねえ。とはいえ、見た目を変えればスキルも戻るという仕様は助かります。「戻せた方がいい」と判断してくれた運営さんグッジョブです。

空想樹
クラス属性があるなら怖いもんなんてねえぞおおおおお!!!(アサシンクラス総動員で楽勝でした)新章での魔神柱扱いですかね。これから毎回ラストで相手することになりそうです。あの樹が伸びる先には、何があるのでしょうか…

ここまでお読みくださりありがとうございました!

関連記事

Fate/EXTRA Last Encore感想目次

【FGO】英霊剣豪7番勝負、感想

Fate/EXTRA_LastEncore第10話感想

こんにちは、たかのアキです。Fate/EXTRA_LastEncore第10話の感想です。

・いつかの密談。リンとラニが会話があるのは嬉しいですが、なかなか不穏ですねえ

・「セイバーの宝具を見てみたい」そうか、ハクノ君は宝具見てないもんね。原作ゲームプレイ時、赤セイバーの宝具がめちゃくちゃカッコよくて好きだったので、ザコ的相手にも宝具展開してましたよ~~。

・無数の死者の力を使える、ほほう。第2階層でダンを倒した謎能力はコレで説明がつきそうですね。なんか、赤アーチャーの能力っぽいですね。マスターの特殊能力を「コードキャスト」って言ってくれるのが嬉しい。

・お、急な戦闘に即座に対応するハクノくん。マスターっぽい!

・ら、ラニ!?!?その見た目は予想外です!!でか!!!

・ハクノ君めっちゃアグレッシブな動き!と思ったら「身体強化のコードキャスト」でしたか。じゃあ、原作ゲームにあったフロアを倍速で走るコードキャストは、身体強化だったんですね。

・量産型遠坂(笑)ますますエヴァみたいな

・涙をこらえながら消える姿はダメだよぉ…どれだけ分身がいたとしても、これまで助けてくれた「凛」はアナタなんだから…

・第6階層で二人は生体資源扱いに…知性のない分身たちが戦っては散り、「繰り返し続ける決闘」という終わらない悪夢を見ている…これじゃあまるで…

・「どちらかを選んで欲しい」ってここで来るんですね・・・うーむ・・。原作ゲームでも、凛とラニのどちらかを助けるという選択があり、それにより6回戦では助けなかった方が敵として出てくるものでした…その要素がここでくるなんて・・。原作ではできなかった「両方助ける」を考えて実行してくれたハクノ君、ありがとう…。そして一人が最後まで補佐としてついてきてくれるのも同じに。

第6階層は1話で終わりでしたが、凛とラニについては全体を通して語られてきたので、充分ということでしょうか。ようやく落ち着けたということですね。デミサーヴァント能力は分身ゆえに使える能力だったのでしょうか。ラニにも同じ能力があったなら、8話の最後に屋根を突き破ったパンチで助けてくれたのは、サーヴァント化したラニ本人だったと考えてよさそうですね。

最後に現れたタイトル


第10話「無限の残骸―アンリミテッド・レイズデッド―」

……あぁ、そうです、たしかにそうです…アンリミテッドレイズデッド…「繰り返される聖杯戦争」、Fate/hollow ataraxiaで登場した、4日目の夜に必ず現れる「無限の残骸」、ここでそのタイトルはズルいだろ…。
先日Fate/GrandOrderでもアンリマユの「幕間の物語」が実装され、同じタイトルでしたし。(解放条件は絆10、私はまだ5.3ぐらいです…)

ここまでお読みくださり、ありがとうございました!!次回、新作が放送され次第、更新いたします。

Fate/EXTRA Last Encore感想目次