Fate関連」カテゴリーアーカイブ

ノベルゲームFate/staynightを源流とするFateシリーズに関する話題。最近ではスマートフォン用ゲームFate/GrandOrder(FGO)の話題多めです。

英霊伝承異聞~巌窟王エドモン・ダンテス感想

こんにちは、たかのアキです。
Fate/GrandOrderカルデアエース付属のドラマCD「英霊伝承異聞~巌窟王エドモン・ダンテス」の感想です。
※以前別のブログに書いた感想に、加筆修正したものになります。

ロアかっこいい

ちゃんとボスやってる!!かっこいい!!!!
初めてロアに声がついたメルティブラッド アクトレスアゲイン カレントコード、正当なボスキャラのはずなのに路地裏メンバーよりの扱いだったので、ボス感ある姿をあまり見たことがなかったんです。カーニバルファンタズムEXでもネロカオスと飲んだくれてるだけですしね(笑)
キャストコメントで、よく成田さん忘れずやってくださったなー!と、そこが感動でした。

ロアだと明確に名乗らなくても良かったのではないかと思います。魂の転移等の能力でわかる人にはわかるあの人、といった感じでボカしても面白かったと思いました。

月姫とFate世界が別であると言っている以上、あれこれ言うことではないと思っています。Fate世界ではロアとアルクェイドは出会ってないというのは、今回初めて出た設定というわけではないようですし。コハエース帝都聖杯奇譚に書いてありました。
むしろ、この世界で「エレイシア」は普通の女の子として一生を終えられるのかな・・なんて思えました(シエルルートで泣いた人)

FGO巌窟王の能力について

グランドオーダーで使ってる謎ビームの正体が出てきます。実は魔術回路もちで、聖遺物と反応した結果、能力開花・・・でいいのかな?ガンドの強力版ぐらいに思ってました(笑)

ドラマCDとして違和感

説明が多すぎます。なぜ行動をいちいち説明するのか、気になりました。朗読なのかと思うことがたびたびありました。ドラマCDなら、お互いの息遣いとかで聞き手に想像させるものだと思うのですが、後半の戦闘シーンでは激昂しながら誰がどうなってどうしたまで説明していて、非常に違和感がありました。

近年、ドラマCDが少なくなっている気がします。BLCDは格段と減りましたし、テイルズもドラマCDシリーズを出さなくなり、ネオロマもミニドラマと歌の組み合わせばかりで1枚しっかりストーリーを描くものが、ないようです。ドラマCD文化が廃れてしまうのは仕方ないと思いますが、ドラマCDの台本の書き方や演出までおかしくなったのかと、不安になってしまいました。

ヒロインはコンチェッタ

以上です!

CCCコラボイベント感想[FGO]

こんにちは、たかのアキです。
Fate/Grand Order(以下FGO)のFate/EXTRA_CCCコラボイベントの感想です。
奈須きのこさんの「竹箒日記」に、補足がありますので、そちらもご参考に。


BB達との再会

BB、パッションリップ、メルトリリスとまた会えたこと。とても嬉しかった。

原作であるFate/EXTRA_CCCでは敵として出会っても、救いたかった子たち。
どのルートでも最後はお別れになってしまった子たちでした。
再び、彼女たちと出会うことができ、共に戦うことができました。
原作CCCでの心残りを、果たすことができたのです。
とても楽しかった。素敵な物語をありがとうございました。

まさかまたBBちゃんねるを見ることができるとは(演出まるきり同じでした)

「一足早い水着イベントか!!?」とわくわくするなど、しっかりミスリードから楽しみましたとも、ええ。
(最初の告知では、バカンスイベントとされていた)


メルトリリスのサクラメイキュウ

BBちゃんヒロインかと思いきや、蓋をあけてみたらがっつりメルトリリスがヒロインで、
非常に驚きました。BBちゃんは原作CCCでのヒロインだったので、
焦点を他のキャラに当てるのは、ありうる話でした。

性格がだいぶ変わっていたので
「どこか頭でも打ったのだろか・・」と思ったぐらいです。(わりと当たってた)

原作CCCの主題歌「サクラメイキュウ」は、BBの歌でした。

クリアしてから歌を聴くと、隅から隅までBBのことを歌っていることがわかります。
「空の境界-矛盾螺旋-」の「sprinter」、「テイルズオブジアビス」の「カルマ」のように。

CCCコラボイベントを終えた今、「サクラメイキュウ」はメルトリリスの歌にも聞こえました。
特に2番が、そう聞こえてきて、感激です。

間違いなく、Fate/EXTRACCCの世界でした。

SG突破の演出

SG=シークレット・ガーデン、他人には知られたくない「秘密の花園」

原作CCCでは「女性の心で作られた迷宮を突破するため、秘密を暴いて突破する」というお話でした。
迷宮の主が「衛士(センチネル)」と呼ばれ、踏破する側は衛士の秘密を暴露させていくということです。

絶対に衛士にはなりたくありませんし、なったら何が何でも死守していくことでしょう…。

原作CCCには「初めて自分の趣向に気が付いた」という子もいましたが、
踏み込みすぎた自己分析を他人にやられるのはかなり痛い。

ただしSGは3つまで(1人で迷宮を作る容量の限度のため)

今回はパッションリップ、メルトリリス、鈴鹿御前が衛士として立ちふさがったため、
彼女たちのSGを暴いていったのです。

全員体力が3ゲージでした。
1ゲージごとにSGをひとつ暴露しているという演出だったのですね。

FGOでは、敵の宝具ゲージあたりを長押しすると、能力の詳細が読めるのはご存知でしょうか?
1ゲージずつ詳細を確認すると、SGの項目が変わっていました。
パッションリップでは確認しそびれてしまいましたが、鈴鹿とメルトでは確認できました。

メルトリリスは「加虐体質」「ドールマニア」「共依存」

鈴鹿御前は「独占願望」「料理下手」「奉仕体質」

ちなみに原作CCCでSGが分かるのは
ネロ、玉藻の前、エリザベート、BB、メルトリリス、パッションリップ、
EXTRA遠坂凛、ラニ、ジナコ、無銘(エミヤ)、ギルガメッシュ、です。

キアラとアンデルセン

Fate/EXTRA_CCCなら、キアラさんが出てくることを期待していたので、出てきた時は「待ってました!」という感じでした。
キャスト一覧に田中理恵さんの名前が増えたことで確信になりました。
同時に「出てきたらどうなるんだろう」と恐怖でもありましたが(笑)

キアラさんが原作CCCでああいった姿を出すのは、2週目以降特定の条件を満たしサクラルートに入る必要があります。
サクラルートを見てない方は、相当驚いたかな~と思いました。
原作だともっとすごいです。

キアラさんが出てくるなら、彼女のサーヴァントであったアンデルセンも出てくると思っていたので、
まったく出番がなかったのは意外でした。

アンデルセンとキアラさんの繋ぎは、最後のKP(キアラパニッシャー)が
彼女が大好きだと言った「人魚姫の原文」であるだけで、十分ということなのでしょうね。

最後のMONSTER

イベント序盤の頃、友人たちとミッションコンプリート後の最後のボスは、彼女だろうと話していました。
そして、本当に出てきてくれました。

両儀式

彼女はCCCの前作にあたる、Fate/EXTRAの隠しボスでした。
その時も表記は「MONSTER」だったんです。
あの時も即死技に苦労させられましたとも・・・そういう意味でも完全再現ですね(笑)
EXTRAでは、玉藻と会話する時だけ「」として発言するので、一応出番はあったんですよね。
式もSGも暴きたいですねー。刃物マニアとか出てくるんでしょうか。


ガウェイン・タマモキャット・トリスタン

どのサーヴァントも私のカルデアにいないので、彼らとの物語は楽しかったです。
ガウェインはEXTRAシリーズにずっといるキャラなので、一緒に行動できたのは特に嬉しく思いました。
アーノルドと初対面の時にかばってくれたところが特にお気に入りです。
・・・一生懸命やったのに叱られたのをかばってくれるって、救われますよね、ほんとに。

タマモキャット、正直なぜ彼女がサーヴァントとしているのか、ずっと不思議でした。
ストーリーでもいらぬ賑やかし要員に思えるほどに。
今回のイベントのためと思えるほど大活躍でしたね。

トリスタン、「敵だった人が味方になる」というFateでたまにある風潮(SNランサーなど)が見えて良かったです。
彼もしっかり描かれたイベントは初めてですね。
魔界村の「I can fly」ぐらいでしたから(笑)


エミヤオルタ

「間違った旅路の果てに 正しさを祈りながら」

BUMP OF CHICENの「ロストマン」より

2017年までに【Fate/GrandOrder】

やりこみプレイヤーを優先させた強気の姿勢

2016年12月6日、ニコニコ生放送にてFate/GrandOrderの最新情報番組がありました。


累計来場者数1,140,975人/コメント数404,783

Fate/GrandOrder(以下FGO)は、2015年に配信開始し、全7章のストーリーを順次配信していく形式でした。そして本日12月7日に第7章を配信すると発表し、さらに第7章をクリアしていないと「終章」の参加ができない・・というお話がでました。「終章」は今年中に公開予定、7章までをクリアした全てのプレイヤーでラスボスを倒すのかなーと予想しております。まさかこんな強気な期間限定イベントを行うとは思いませんでした。以前Fateについてお話した通り、ストーリーの良さに定評があり、このFGOもスマートフォンゲームではありながら、ノベルゲームのようなボリュームがあります。しかも章を追うごとに長さが増えており、7章も6章より多くなるというお話がありました。当然間に戦闘もあります。ストーリーを進めるためのポイントを減らすとはいえ、もし今から何も知らずに始めても追いつくのは厳しいです。4章でも厳しいかもしれません。「期間限定イベント中心に遊んでいてメインストーリーはやってない」というプレイヤーさんもいます。私が他のゲームでそれです(笑)かなりのプレイヤーさんに発破をかける…そんなイベントを、まさか仕込んでくるとは思いませんでした…。2017年より未来が消えてしまったため、2016年が終わるまでに黒幕を倒すというストーリーなので、それを体感して欲しいというのもわかりますが、なんという強攻策。

しかし、それをよしとしてしまう運営の強気の姿勢。それだけユーザー数が多いということ、お金が回っているということ…すごいことです。これから年末に向けて新しいゲーム等も出るというのに、大変な騒ぎがはじまりました。ちなみに冬コミの入稿期限も間近なので、一部では「原稿か、世界か」といった騒ぎになっているとかいないとか(笑)

・・・エルキドゥ欲しいなぁ

最初のFateを無料で遊ぶ

スマホ版とPC体験版

一番最初の物語「Fate/stay night」を無料で遊ぶ方法です。2016年11月27日現在、iOSとAndroidにて、無料でダウンロードが可能です。Fate/stay nightはヒロインが3人おり、各ヒロインを主軸に据えるルートによって、物語が大きく変わります。無料で遊べるのは「セイバールート」のみとなります。

スマホでステイナイト!

1ルートのみですが、フルボイスで容量も大きいので、Wi-Fi環境でのダウンロードをおすすめします。Fateの基本ストーリーを知るには充分な内容となっております。クリアまで14時間といわれています。そのほかのヒロインの物語を、引き続きスマホで遊びたい場合は各1600円でダウンロード購入する必要があります。

物語の序盤を公式サイトからパソコンに体験版をダウンロードすることができます。こちらは音声はありませんのでご注意ください。18禁シーンもありません。

TYPE-MOON Official site

メニューの「Download」から「Fate/stay night」の体験版をクリックし、「FateTrialSetup.exe」をダウンロードし、PCにインストールします。ただ、どのOSまで対応しているかは明記されていないので、スマホをもっているならスマホ版をお勧めします。

気に入ったらスマホかPSVita

ステイナイトはPCゲーム→PS2版(フルボイス化)→PSVita→スマホ版…があります。全ストーリプレイしたい場合は、PSVita版かスマホ版でプレイ可能です。

アニメでステイナイト

●2006年放送版:【Fate】セイバールートを中心、全26話。他ヒロインのルートも盛り込んだアニメオリジナルの展開も見せつつ、原作ゲームのセイバールートと同じ結末で終わりました。2004年にゲームが発売し、わずか2年でアニメ化。原作を忠実にアニメ化し、Fate初心者に親切な内容になっていました。おすすめの作品です。DVD-BOXとBlue-rayBoxが発売しています。一部キャラを除き、現在と声優変更はありません。

●2014年版:【Unlimited Blade Works】凛ルート中心、全25話。原作ゲーム発表から10年経っていることもあり、アニメならではの会話や、やりとりも増え大好評でした。Blue-rayBoxが2つ発売され、特典に書き下ろし小説や設定集も入り、昔からのファンも新たな発見が多い1作となりました。特典封入、原作ライターである奈須きのこさん書下ろし「Garden of Avalon」はドラマCD化もされました。

●2010年劇場版:こちらも凛ルート中心。2時間前後という短い上映時間に内容を詰め込んだため、説明不足になってしまいました。ですが原作を知っていると、おいしいところどりのダイジェストとなっており非常に楽しかったです。「時間ないけど、なんとなく知りたい」という方には非常にオススメ。見たら詳しい人に説明を聞くと良いです。もちろんコメントいただければ私でもお話させていただきます。ちなみに私は上映当時5回見に行きました。

●2017年劇場版:【Heaven’s feel】桜ルート。2017年上映予定となっております。全3部作と発表されており、楽しみにしています。

とりあえずスマホでセイバールート

いろいろ述べてきましたが、スマホでセイバールートを読むことをおすすめします。これが基礎となるので、他のFate作品に触れても話がわかるようになりますよ!

なぜセイバーがたくさんいるの?【Fate】

「セイバー」は職業名

長く続いているFateシリーズ。「過去の英雄を現代に呼び出して、最後の一組になるまで殺し合いをする」というお話が第1作でした。英雄を現代に召喚した際に、本名ではなく職業名で呼ぶ決まりになっていました。セイバー=剣士。剣が得意な英雄を呼び出したら、剣士の職業「セイバー」となります。同じように弓が得意なら「アーチャー(弓)」、槍が得意な英雄なら「ランサー(槍)」…と、なります。

金髪で甲冑の「セイバー」

Fateの「セイバー」といえば、金髪、甲冑、青いドレスで剣を持った女の子が有名です。彼女は第1作目「Fate/stay night」のヒロインで、歴史に名を残した英雄です。剣が得意な英雄なので「セイバー」として召喚されました。ストーリーの中で、敵の手に落ち闇に染まってしまった黒い鎧姿の「セイバー」や、幼いころの姿の「セイバー・リリィ」などがおり、それらは同一人物となります。第1作目のメインヒロインであり、TYPE-MOON社の顔ともなっているので、「セイバー=金髪で甲冑の少女」という認識が普通になっています。似たような顔で別の人、ということも良くあります。『「セイバー」の顔が看板になっているので戦略上』『社長(TYPE-MOONの社長であり、キャラクターデザインの武内崇さん)があの顔が好きだから』など、いろいろと言われていますし、ファンから見ていても否定できないのも事実…かわいいのでヨシとしたいと思います。

作品によって「セイバー」は違う

新しい「セイバー」も多く生まれています。前述の通り、「剣が得意な英雄=セイバー」となるので彼女以外の人が「セイバー」になることも、当然あります。小説版ではじまり、最近漫画版も連載が始まった「Fate/Apocrypha(フェイト/アポクリファ)」は赤陣営と黒陣営に分かれて戦うという物語なので、「赤のセイバー」と「黒のセイバー」がいます。彼らも歴史に名を残す英雄達ですし、金髪甲冑のセイバーとは別人です。このように、作品によって「アーチャー」「ランサー」も人が変わります。

増えているのは「セイバー」だけじゃない

2015年からスマートフォン用ゲーム「Fate/GrandOrder」が始まり、戦う英雄達も100人を超えたため「Fateのセイバー」と一言で言っても、誰のことを言っているのかわからないというのが現状です。最近では職業名ではなく、彼らの本名「真名(しんめい)」で呼ぶ事が普通になっていると思います。真名で呼ぶと物語のネタバレになることもありますが、間違えることはないと思います。コミックマーケットなどの同人誌即売会への申し込みでも、サークル傾向で「ランサー中心」と書かれても、「どのランサーのことがわからなくて困る」といった話を聞いたことがあります。

ぜひ、書店のアニメ雑誌等で「セイバー」を見かけた際には、気にかけてみてくださいね。

Fateシリーズとは

こんにちは、たかのアキです。
Fateシリーズについて、簡単に説明してみようと思います。

2004年発売のノベルゲーム

TYPE-MOON(タイプムーン)という会社が2004年に発売したパソコン用のノベルゲームです。パソコン用の美少女登場ゲームは18禁シーンがあって当たり前でした。18禁シーンとはいわゆるHシーンのことです。Fateも例外ではなく、PCで発売した2作品にはHシーンがあり「男性向け」です。コミックマーケットでもFateシリーズを取り扱う日が3日目なのも、これが理由です。アニメやスマートフォンゲームなど、様々な作品が展開していますが、大本が18禁ゲームなので、男性向けとなっています。

どんなお話?

歴史に名を残す「英雄」を現代に召喚し、なんでも願いかかなう聖杯を求めて殺しあう

…というのが、おおまかなお話です。Fateと名のつく作品は多く出ていますが、基本はこの通りなので、どの作品から始めても良いと思います。殺し合いなので、作品中では敵を欺き、策略を駆使し、時には協力しあい、時には戦いを仕組んだものの裏側すらも明かされていく…登場人物全てに物語があり、とても見ごたえのある作品です。作品を読み終わった後も「あれはどういうことだったのか」といった考察サイトさんもよく見ます。

重厚なストーリーと設定の数々

現在これだけ人気を誇っているのは、ストーリーがしっかりできている点だと思っています。はじめの1作目から12年経ち、作品が多く派生しても、まったく破綻しておらず、むしろ作品が多くでるごとに新事実がわかることをファンは楽しみにしています。また、魔術や吸血鬼といった単語が多く出てきますが、私達の日常のすぐ隣に存在するかのようなお話にもなっているため、作り話とわかっていてもどこか現実味があります。たとえば、作中にでてくる魔術協会(作中に出てくる魔術師の総本山)はロンドンの時計塔、大英図書館の裏にある、とされています。私もFateシリーズ、TYPE-MOON作品のファンとして、ロンドンに行ってみたいと常々思っています。設定を作り上げたシナリオライターの「奈須きのこ」さんと、世界観を大事にしている会社さんは素晴らしい思います。まだ表に出してない設定はあるとか。

スマートフォンゲームで認知が広がる

2015年8月に配信されたスマートフォン用ゲーム「Fate/GrandOrder(フェイト/グランドオーダー)」FGO、FateGOという略称で親しまれています。基本プレイ無料ですし、アップデートを重ねた結果、かなり遊びやすくなりました。ストーリーのおもしろさは、こちらでも健在です。年単位で戦う物語になっており、従来の聖杯を求めるバトルロワイヤルではありませんが、登場人物全てに物語があり、魔術の仕組み、そもそもこの異変を起こしたものの真意は・・・と、物語は佳境を迎えています。基本プレイ無料ということで、これをキッカケにFateシリーズに触れてくれた方も多く、最初のステイナイトを全てプレイした方もいました。新しい媒体で過去作品も知ってもらえる、素晴らしい流れだと思っています。

2017年5月25日追記
年忘れぐだぐだオーダー

公式による歴代シリーズ紹介動画です。
ここに登場する、おきたさんのノッブが大のお気に入りなので、何度も見てます(笑)