2017年までに【Fate/GrandOrder】

やりこみプレイヤーを優先させた強気の姿勢

2016年12月6日、ニコニコ生放送にてFate/GrandOrderの最新情報番組がありました。


累計来場者数1,140,975人/コメント数404,783

Fate/GrandOrder(以下FGO)は、2015年に配信開始し、全7章のストーリーを順次配信していく形式でした。そして本日12月7日に第7章を配信すると発表し、さらに第7章をクリアしていないと「終章」の参加ができない・・というお話がでました。「終章」は今年中に公開予定、7章までをクリアした全てのプレイヤーでラスボスを倒すのかなーと予想しております。まさかこんな強気な期間限定イベントを行うとは思いませんでした。以前Fateについてお話した通り、ストーリーの良さに定評があり、このFGOもスマートフォンゲームではありながら、ノベルゲームのようなボリュームがあります。しかも章を追うごとに長さが増えており、7章も6章より多くなるというお話がありました。当然間に戦闘もあります。ストーリーを進めるためのポイントを減らすとはいえ、もし今から何も知らずに始めても追いつくのは厳しいです。4章でも厳しいかもしれません。「期間限定イベント中心に遊んでいてメインストーリーはやってない」というプレイヤーさんもいます。私が他のゲームでそれです(笑)かなりのプレイヤーさんに発破をかける…そんなイベントを、まさか仕込んでくるとは思いませんでした…。2017年より未来が消えてしまったため、2016年が終わるまでに黒幕を倒すというストーリーなので、それを体感して欲しいというのもわかりますが、なんという強攻策。

しかし、それをよしとしてしまう運営の強気の姿勢。それだけユーザー数が多いということ、お金が回っているということ…すごいことです。これから年末に向けて新しいゲーム等も出るというのに、大変な騒ぎがはじまりました。ちなみに冬コミの入稿期限も間近なので、一部では「原稿か、世界か」といった騒ぎになっているとかいないとか(笑)

・・・エルキドゥ欲しいなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。